| Admin |
政治家はみんな我侭ですね。
2011年02月18日 (金) | 編集 |
民主党の衆議院議員16名が民主党に籍を置きながら民主党会派から抜けるという宣言をしたらしい。

あまりに自分たちに都合のいい考えをし行動に移していると思う。

まぁ民主党自体が結局まとまりがない集団でしかないということだろう。

どちらかの考えが民主党の考えかというレベルだけではなく それ以外にも基本的な姿勢にもっと多くの相違が内在しているのだろう。

ちなみにこの16名、政権与党の中に居たいが好き勝手やりたいといっているだけにしか見えない。
通常はそういう行為をしてきた人間はいないらしい。。。。
民主党が政権をとってから始めての行為がいくつも出てきて、その多くが理解不能なことだろう。
今回、こうなった問題の政治資金問題でも簡単に言えば野党時代批判したことを自分たちの問題になったら手のひらを返したことでも我侭振りがわかるわけですが。

また、民主党議員ばかりがそうなのかといえばそうでもなく与謝野大臣なども自民党の比例代表で当選した議員であるのに自民党を飛び出して政党を作り更にそこから離脱して大臣の職についている。
本来なら自民党の票でとうせんしているわけで党を飛び出した時点で議員を辞職するのが本筋だろう。
同様の行為は与謝野氏だけかといえばそうではないようにも感じる。
実際のことは調べてないからわからないが今までにも同様のことはあったかもしれない。

ついでに言えば愛知県の知事になった大村氏(おいらの嫌いな政治家の代表でもあるんだが)だって、河村氏と連携したから当選したのだと思うが、おいらには元々から河村氏と同様の考えの持ち主だったとは思えない。
河村人気にあやかっているだけのように思えるのだ。
自民党時代、自民党がやってきたことを正当化するような発言をいくら語ってきただろうか。。。

政治家って人種が勝ち馬に乗ることに目ざとく、かつて批判したことでも自分たちに当てはめれば例外で通ると思っているような人間の集まりにしか見えないのだ。

ちなみに、鳩山氏などは最近の発言でも政治家としての資質を問われるような言葉が続いている。
原口氏も管政権を批判しているが、鳩山政権だって似たようなものであるし、下手をすればもっと酷かったかもしれないのである。
少なくても管政権ではいくつかの事柄で正しくないことを直そうとしていることは評価できるだろう。
ひとつは不十分とはいえマニフェストが実行できないと認めようとする姿勢であり、もうひとつはあ小沢氏の問題を受け止めようとしている点である。
小沢氏の問題を過去の自分たちの発言などを振り返ればそのままでいい訳はないのである。
小沢氏擁護の人間は過去を顧みず自分たちの都合のいい形で解釈を変えている人たちでしかないのである。
言葉を変えれば自分たちの都合が最優先な人たちとも見えるのだ。

自民党の議員たちは秘書の問題で離党したり辞職したりしたわけだから民主党の議員だけは例外などというのでは理屈が通らないはずだ。
そういう意味では管総理のほうがまともだといえる。

16名の議員は事前に小沢氏に伺いを立てたということも聞こえていることから、管政権の終焉も近いと思えるね。

まぁサッサと解散するのも良しです。

枝野氏の師匠が仙谷氏らしいのでこの人もおかしい考えの持ち主だと思うし、岡田氏もおいらには変な考えの持ち主にしか見えない。
管総理にいたっては口だけ人間が暴露された形(総理としての実力がまったく足らないことを自身で暴露しているわけだからね)だし、多くの閣僚になった人の不適切発言も見過ごせないと思うしね。

一方で、小沢氏側の人間についてはそもそも小沢氏を擁護することからして信用が置けないわけですよ。
その中の一人が鳩山氏なわけですが。。。
理由はある意味で過去の発言に責任がもてない人間であることをこのことで証明しているといえるでしょう。

原口氏などは有能な政治家に見えるのかもしれませんが、おいらの中ではすでに腐ってます。
小沢氏擁護はおかしいでしょう。
無罪になったとして政治化の倫理ってのはそれでいいのか?ということですね。

まぁ討論番組などを見ていればどちらが正しいかというような議論ができないほどお互いに批判しあうだけで内容がほとんどないのは見て取れますよね。
おいらから見ても政治家は結局結論が出せないのです。

解散したとしてもどの政党にといえないし思えないのがつらいとこなんですよねぇ。。。。。

それでも、解散することでもしかすると景気だけでも良くなる可能性を感じるのはおいらだけでしょうかね。。。

スポンサーサイト