| Admin |
マスコミっていい所なんだろうな。
2011年02月12日 (土) | 編集 |
好き勝手書いたって報道の自由だ!というところがあるのだろう。。。。

まったくいい所なんだろうね。

2ちゃんねるで喫煙者向けの記事があったんだが、大マスコミさんは好き勝手書いているようですね。

【天声人語】 「哀れニコチン依存症の患者だけが、体を張って前より重い税金を背負う、独り負けの構図である」 ~朝日新聞

などAsahi.comで、喫煙者を誹謗するような文章が載せられていたらしい。
お母さんが病気で私はおかゆを作りました。おねえちゃんはジュースを造りました。おとうさんはタバコを買いにいきました。とからしい。。。
こんなのはタバコが悪いわけでなくお父さんの人間性の問題だろ。

上の天声人語の記事もどうだ?
喫煙は一人負けなのか?
もしそうだとしたら、そういう政府の不正な税制自体が問題にしなければいけないことで負け組みという言い方をするのが天下の朝日新聞なのか?ということだろう。
不公平税制がまかり通っていることについて書くならまだしも、助長するような記事でいいんだろうか。
大体タバコ税などはその一部が旧国鉄の借金の返済に充てられたりとまったく意味不明の使われ方をしているのである。
健康被害が問題だとして税金を高くして喫煙率を減らそうというのであれば医療費に使えといいたいわけだ。

まぁ朝日新聞などを相手にしても仕方がないわけだが。
嘘八百並べても平気な新聞だし、自分の主張さえ通せればなんでもありなんだろう。

朝日が喫煙者を批難しているのなら喫煙は悪いことではないと思えばいいのだw。

少数派の擁護もするがこうやって少数派を叩きたいだけ叩くのもマスコミなんだよね。
ある意味、こういう喫煙者が肩身が狭くなった原因はマスコミにもあるだろう。
飲酒の危険をもっとマスコミがアピールすればタバコにばかり課税対象がくることもなかったかもしれない。
もっとも、タバコほど都合がいいものもないのだが。
生産・製造・販売側が社会的に見て影響が少ないということや喫煙率の低下が顕著なこと、欧米での研究で危険性が指摘されていることなどを考えればあまりに都合がよすぎるのである。

おいらは実体験では医者などで言われる分、世間での影響などを見ていれば 飲酒のほうがもっと取り締まられるべきだと感じているのだが。。
医者では飲酒を控えろとまずいわれる。コンパで急性アルコール中毒で死んだりもする。急性ニコチン中毒で死ぬ人は聞いたことがないのに。
飲酒運転も多発しているのである。
世の中には禁酒国家はあるが禁煙国家はないのではないだろうか?

酒を扱う会社はマスコミにとってはスポンサーでもある。酒を扱う会社には大手がたくさんあるのも事実である。
政府への圧力という点でも飲酒の規制は難しい面があるのである。
喫煙に関しては基本的にはJT一社である。
JTにしても元々は国営だったわけだから政府としてもやりやすい。
喫煙が槍玉になるのは自然である。

そのことは仕方がないと思うが、そのことをマスコミが扱うに際してこういう表現方法を取ることは理解しがたい。
まぁ朝日だけどな。
スポンサーサイト