| Admin |
大相撲の問題・・
2011年02月07日 (月) | 編集 |
ここまでマスコミが取り上げる必要があるのか 個人的に疑問です。。。

国から補助金が出ているという点では問題は大きいのかもしれませんが、マスコミでもよく言われている言葉で一部の人間が というのがあってまじめにやっている人のことも考えればどんなもんだろうと思ってしまいます。

八百長という点ではなぜそれほど問題視しなければいけないのか疑問だとしかいえませんね。
サッカーのようにTotoで掛け金がかかっているわけでもないわけですよ。
給料の問題は色々考えられるかもしれませんが、出るかでないか または現状の地位で甘んじていられる人間以外にはまったく影響がないともいえる気がします。

地方の興行の際など地元の力士が活躍したら地元の人は嬉しいだろうということや、親戚が見に来てるとかで花を持たせるなんてことはこれまでだってあったと思うし、巡業やトーナメントで必ずしも横綱ばかりが勝っていないことを考えればいつでも全力で戦っていないと思えることについてどう考えるのだろうか?

外国の学者が千秋楽で7勝7敗の力士が勝ち越し、負け越しが決まっている相手と戦った場合の勝率が8割近いというデータを出していたことなどもあるらしくこれまでも手心が加えられたということはあったと思うのです。
勝負という部分ではいけないことかもしれませんが、じゃあプロレスなどはどうかとおもいませんか?
ロープに飛ばして跳ね返りで技をだす。一般人が戦えばロープに飛ばされただけで素直に帰ってくるでしょうか?
普通に考えればありえませんw。
プロレスには一種の美学があって相手の業を受ける美学とでもいうのでしょうか。
そういうものをファンはわかっていて楽しんでいるはずです。

大相撲の問題も似たようなものがあるのではないのでしょうか。
相撲取りの仁義などがあるのであれば相撲ファンはそれを知っていてもファンでありえるだろうが、下手に法人であって税金が使われているから問題視されるんじゃあないんでしょうか。

おいらは相撲ファンではないので首を突っ込む気にはなりませんね。
力士の社会的責任や法的問題がない範囲で行われることは別に気にするほどではないんじゃないでしょうか?
普段、相撲を見ない人がギャーギャー騒ぐことがいかに愚かしいか考えたほうがいいと思います。

ちなみにだが、関取などは後援者などから~代などといってお金を渡されたりするようですが、そういったお金の額だって普通の人からすれば考えられないことだと思いますが、それらは収入に申告されているでしょうか?
おいらはそうは思えませんが、そういったことについて目をつぶっているんじゃないんでしょうか?
一部の手心が八百長ということで大きな問題にするのって基本から相撲界の考え方についても考え直すということなんでしょうかねぇ。
あれはいい、コレはダメ 誰がなんのために決めるんでしょうねぇ。

親方連中の対応などには大いに問題点などを感じますが、大相撲は興行で儲けているところでもあり、長々と地方の興行者などとつながりもあるわけです。
地域とのつながりもあり普通の社会と派違うということも周りが理解する必要があると思いますね。

税金の問題を除けば、海老蔵問題などでも陰で言われる闇社会とのつながりなどもあるわけで、社会正義でつきつめれば芸能人などや事務者などはもっと取締りの対象などになるのかもしれないということも考えるべきでしょう。
歌謡際などでは事前に票の売り買いがあるとかいう話もあったわけだし、事務所の力で焼くがつくつかないということもあるでしょう。
オーディションで実は出来レースだったなどという話もころがっています。
これらは裁ける問題なんでしょうか?

ある意味では大相撲などという特別な社会に対しては周りがある程度大人の対応をするべきな気がします。

ともあれ、貴乃花親方などは不正が嫌いでいつでも真剣勝負などという話もあり、問題が大きくなって八百長がない(手心と八百長は違うということで。。。)相撲社会、裏社会とつながりのない相撲界ができるのであればそうなって欲しいとは思いますが、難しいということも思いますね。


相撲界としては公益法人の看板さえはずしてしまえば周りからあーだこーだ言われなくなってすっきりするのかもしれませんね。
プロレスにいちゃもんつける人もそうそういないでしょうからね。
スポンサーサイト