| Admin |
こんな党つくってない by鳩山元首相
2011年01月31日 (月) | 編集 |
どうしてこんな人が政治家をやっているのかよくわかりませんね。

ご自身もお小遣い問題で国民からは問題視されているのに棚上げしている。
お友達だけが仲良くしている政治をやりたいのならままごとでもやっていて欲しいものだ。

この発言も主に小沢氏の政治資金問題での党内の不調和に対してなのだろうが、考えて欲しいのは秘書が3人起訴になっている責任だ。
本人の起訴については新たな証拠が出なければ無罪になるだろうが、秘書が起訴された件でも誰のために行われた事件であるかを政治家として考えるべきだろう。
本人さえ翔子が上がらなければいいというものでは決してないはずだ。
政治家はしっかり裏工作をすればなんでもできるという見本にしかならない。

そこまで言って委員会で誰かが言った言葉だったと思うが、民主党は10のいいことを言ったとしても決まるころには五分の一になっていると言うのだ。
もともとの主義主張が違う人間が寄せ集まっているので収まりがつかないのだ。
マニフェストのようなものは減税でもわかるように実施できないことなので嘘八百並べていればいいのだが、現実に何かを決めようとすればバラバラで調整がつかないのだ。
それもこれも初山元首相が言う友愛?仲間を庇うということが根底にあるお友達政党でしかないのが原因ということだろう。
立ち上げに関わった一人である鳩山氏がこんな党作っていないというのであればハッキリ解党して欲しいものである。

まぁ管総理が増税路線で走ったとしても今の民主党では絶対に成立はしないだろうけどね。
なにせ選挙対策政党でしかないのだから。。。。
選挙が近くにあれば集票に不利になることを政治家自身が望まないのは今までの民主党を見ていてハッキリしている。
党内でもまとまりがつかないのは明らかで野党の反発も必至だ。


大きな問題は、あと2年ある任期の問題で2年間策を講じなければ日本が受けるダメージは立ち上がれなくなるほどになるかもしれないという話がでてきたことだろう。
日本の借金は見方や考え方にもよるのだろうが、かなり厳しいのは現実であるわけで日本の政治の有り様では海外の日本の見方を変え傷口を大きくしかねない。
まぁ評論家などがこれまでも、いまでも口に出してしかそう言わないのだからいまはまだ安全なのだろうが いつ本当にやばくならないとも限らないのである。
(今がやばいのであれば評論家などは日本を逃げ出すか政治家やマスコミにもっと大きな忠告をするだろうとおいらは思っているからね)

それにしても、これほど今の内閣に疑問符を持っている人が多いのに 個の内閣を解散させる権利が問うの総理大臣にしかないというのは大きな欠陥だといわざるを得ない。
国民による不信任で内閣を解散させることが出来るようにしなければならない木がしてならないね。

それにしても、元総理がこんな発言ができるというのもどうしたものだろう。
政治家って職業はそこまで甘いものだったのかと思えて仕方がないね。
人が良いってことと政治力ってのは関係がないと思わざるを得ないし、鳩山氏がいままでに色々な党の重鎮でいられたのは実は金持ちだから。。。それだけだったのかなぁと改めて思いますね。

総理を降りた際に政治家を辞めるといったのを撤回しましたが、本当にやめて欲しいと思います。
次の選挙でもし当選するようなことがあれば選挙区の人間の常識を疑うしかないだろうね。
スポンサーサイト