| Admin |
日韓戦
2011年01月26日 (水) | 編集 |
しんどい戦いだった。

韓国は中2日で状態は決してよくはなかったと思う。
チーム事態は若い選手が融合しつつ成長過程であると思う。
若い選手は技術もあり大型化してきており数年後の力を想像すると世界でもそこそこやれそうな気もするぐらいだ。

日本は今のチームはまだ若手をそれほど使ってはいないといえるだろう。

期待の若手選手は日本にも数多くいる。

マリノスの小野選手をはじめ、乾選手をはじめ宇佐美選手など数えれば若くセンスのある選手が多くいると思う。
そういった選手を代表で早く使えるかどうかが今後の課題になるのかもしれない。
ただ、韓国ほど体格がよくないのが比べると気がかりではあるといえるだろう。

まぁ、韓国より早く鋭いパス回しと今の代表より個の力で抜けていく姿勢はあると思うのでそれらの選手が出てきたときにまた新しい代表の個性もできるのではないかと期待は持てると思う。


さて、肝心な昨日の試合だが攻撃の形がハッキリ出来た点とは良かったと思うが決定機に決めきれないことが大きな課題であり今までと大きな違いはないようにも思える。
岡崎の2度のヘディングシュートは一本はキーパーの好守にはばまれ もう一本は相手に体を寄せられ浮いてしまった。
前田も胸トラップで抜け出したシュートを浮かせてしまった。

これらのシュートのうち1本でも決めていればもう少し違った展開になっていたと思う。

決定機をはずしているのはこの大会ではいつも見られる光景でもある。
残念なことだが、これも今まで日本が抱えていた決定力のなさが出ているといえる。
反面、今まで以上に決定的に相手を崩す形がでていることも事実だと思う。
攻撃的な姿勢が顕著に見え おいらはあまり評価していなかった本田も周りをうまく使える事が増えたように思う。
ワールドカップでは何事もうまく行き過ぎていたようい思えた本田だが、いまは自分が決めなくても近くにいる香川や岡崎、オーバーラップしてくる長友と選択肢がありチャンスメーカーにはなれていると思う。
香川は常に相手を引きずっているので彼が動くことで回りに余裕が生まれることが見られる。
本田との位置関係で後ろから沿道や長谷部から縦に入るボールが魅力的に思える。
日韓戦でも何本かあったが もう少しゴールに近い位置でボールを受けれなかったのが今までの試合と韓国戦の違いだろう。

それにしても延長後半での守備陣系には若干ガッカリした。
日本は引く姿勢を取り出すと全体的に下がりすぎる傾向があるのだ。
ワールドカップの際にはトゥーリオ、中沢と高さのあるディフェンダー2枚がいたために守りきったが今野にはその高さはない。
トゥーリオがいなかったときは中沢一人ではやはりダメだったと思うのだ。
特にいまは両サイドの長友、内田に高さがないので厳しくなってしまう。
もう少し中盤でプレッシャーをかける形にしなければ厳しいのは間違いないだろう。
左サイドで本田と長友でコーナー付近でボールをキープしていたがコーナーでのキープはもう少し残り時間が短くなってからのほうがいいと思う。
できれば広いスペースで大きくボールをまわして時間が使えるのが望ましいと思うのだが早い時間からの時間つぶしでチーム全体が後ろで守りきるみたいになってなかっただろうか?
中盤がもう少し前でボールを受けに行っていれば大きくボールを展開してキープできるチャンスもあったのではと思う。

まぁそれにしても個の大会を通いてだがキーパーからのボールを受ける選手に対してのファールを取るのが相当多いように思える。
また、相手に前に出て腕を張って守っている場合でも相手選手が倒れればファールになるケースも多く審判の問題はもっとAFCとして真剣に取り組まなければいけないと思う。
重要な試合にはヨーロッパなどから審判を呼ぶなども検討するべきだろう。

おいらは延長でリードした後も守りに姿勢をみて 追いつかれる気がしてならなかった。
結果的に予想通りに追いつかれたわけだが、今回はなぜか先行を選んで最初に決めれば勝てる気がしていた。
おいらの頭の中では最初のキッカーは遠藤だったのだが本田が決めてくれて勝つことができた。

今回PKまで行ったことで韓国は日本には負けないという気持ちを改めて強くしたと思うし 本来ならば追いつかれてはいけない試合だったと思う。
韓国は時期にもよるが結構FIFAランクで日本より下になることも多い。
90分なり120分で決着をつけておくべきだったと思う。

FIFAランクは代表チームの戦績などをもとにつけられるわけだが海外の強豪と試合が出来るチームにはよくなる結果があると思う。多分 日本は韓国よりいい国際試合が出来ているということでランクは上になっているのだろう。

残すは決勝のオーストラリアということになる。
この戦いも結構重要になるらしい。

ブラジルワールドカップの前に行われるコンフェデレーションカップへの出場がかかっているらしい。
今回のアジアカップの優勝チームがアジアチャンピオンとしてコンフェデにでれるということでワールドカップにいけるとなれば事前に会場で試合をするチャンスになるわけだ。
できれば出て欲しいものだ。
コンフェデも一応世界大会になる。
日韓大会の前には日本も出場し準優勝していたとおもう。

こうした大会でも記録として残るのだから、やっぱり出てなんぼの世界だろう。
マッチメークに苦労することなく強豪と試合できるチャンスでもあるのだ。
だからこそオーストラリアに勝って優勝して欲しいものだ。
 
オーストラリアにはここぞという試合で結構負けている。
ワールドカップ、ワールドカップ予選でオーストラリアに負けているのである。
前回のアジアカップでは日本が勝ったが、このままではやっぱり肝心なとき負けているイメージでしかない。
オーストラリアに勝つイメージをぜひとも植えつけて欲しいものだ。
スポンサーサイト