| Admin |
ヨルダン戦 その2
2011年01月10日 (月) | 編集 |
この戦いはある意味でワールドカップの縮図でもあった気がする。

今回のヨルダンがワールドカップの日本だった。
カメルーン戦では今回ヨルダンが前半にあげた点が本田のゴールであったし、デンマーク戦でも本田のゴールであったように思う。

ワールドカップの日本はカメルーン戦ではその後を守りきったし、デンマーク戦では追加点をあげれたわけだが ヨルダンはワールドカップの日本と違って最後に追いつかれてしまった。

ヨルダン戦での談話の中でみなが言うのが相手が引いて守るのはわかっているということだ。
差があっても守ってこられるとなかなか実力差があっても点を入れるのが厳しいことは明らかである。
日本はそのことがアジアでの戦いでわかっているからこそワールドカップで善戦できたということだろう。
おいらは前にもニュージーランドがワールドカップで負けなかったことで弱いチームでも守ることから試合をすれば接戦にはできることを書いている。
そしてワールドカップのスタイルが日本のスタイルにはならないことも書いている。
アジア予選を戦わねばならない日本はワールドカップの戦い方ではいけないのだ。
日本がワールドカップで好成績を残したとしてもそれはひとつの大会でたまたま成功したとしか今の時点ではいえないということだ。

それにしても。相手が守りに入ったときの日本の攻撃力は本当に弱いと つくづく思わされるね。
体格で劣るせいもあるのだろうがいい形にこだわりすぎているように思えてならない。
まわしてまわして崩せなかったものが時間がなくなり放り込みだして点が入った事を考えれば 最初から単純にゴール前に早くボールを出す戦術を徹底したほうがいいように思えてならない。
試合を見ている間、おいらはずっともっと単純に。。。といい続けていた。
ボールがゴールに近いところにあるほうが絶対に相手が嫌なはずだ。そのことを徹底するべきだと思う。
単純にボールを開いてゴール前に放り込んでセカンドボールを日本が取れるような戦術をするべきだと思う。
ゴールに近いところで相手がミスをすれば大きなチャンスが生まれるわけで、たとえ跳ね返されてもセカンドボールを日本が取ればチャンスはまた生まれるはずだ。

いい形にこだわりすぎて選手の間がせまくなり結果的にチャンスが生まれにくくなっていたようにも見えたね。
跳ね返されたボールは日本の選手の背後にいき日本の攻撃は組み立てなおしをするばかりだったように思う。
できれば背後ではなく前で取り返し攻撃に厚みができていればもう少し押し込んでいけたように思える。

まぁ、なんといっても昨日も書いたように日本は1月は弱いのである。
正月ボケだw。仕方がないともいえる。

そうはいっても大会であるわけで なるべく早く調子を上げていってもらうしかない。

昨日の試合では松井の切り替えしからのセンタリングの多くは相手の足に阻まれていたし、内田はチャレンジ不足で右からの攻撃は後半途中まで機能していなかった。
裏に抜ける動きも少なめであわすこともこわごわに思えた。
人が変わり、練習不足で仕方がないかもしれないが徐々に変わっていくだろう。
トーナメントまで進むうちに意思統一は進んでいくかもしれない。

一方で、サウジがシリアに負けたことでこのグループは混戦になってしまった。
シリアは次の日本戦に勝てば突破に大きく近づくわけで負けたとしても最終戦にもチャンスは残る。
日本は勝たねばならないだろうしシリアは余裕を持って戦えるわけである。
サウジの実績は侮れないし厳しい戦いは続くわけだ。

それにしてもサウジはどうしてしまったのだろう。。。。
単純に過渡期であるのかもしれないし、まわりの底上げの影響もあるのかもしれないがアジアカップで最多の優勝、準優勝を挙げているチームである。ワールドカップにも何度も出ているアジアの強豪である。
ワールドカップ予選での苦戦や今回のシリア戦での敗戦など ここのところイマイチな印象を受けてしまう。
もっとも日本戦で勝てばサウジの面目は保てるかもしれず、日本にとってはたとえ調子が良くなくてもサウジは強敵に違いないだろう。
アジアにあって最も組織で戦うチームのひとつであろうサウジは強敵に違いない。
時節での結果によってグループを突破するチームが絞られることになるかもしれず日本は絶対に勝たねばならない状況だ。
それにしてもせっかくザッケローニが監督なわけで、フォワードを3人でやらない理由がわからないなぁ。
なぜに1トップなんだろう。
ザッケローニの代名詞といえるのが3-4-3ではないのか。

まぁ時節に期待しておこう。
スポンサーサイト