| Admin |
二次元ポルノ規制条例について
2010年12月14日 (火) | 編集 |
2ちゃんねるによるとニコ動調べだかで95%ぐらいが条例に反対らしい。

条例についてはおいらは基本 賛成である。

しかし、その解釈範囲などの不明確さなど多くの課題があることも事実ではあろう。

ハッキリ言って今の青年誌などでエロく描いていることで連載を得ている漫画なども数多く存在するのは事実だろう。
そういうニーズがあるともいえる。

いい年の人間が見ることに反対はないが、青少年(個々の年齢については微妙ですね)がこれらを見る機会が普通にあるということには疑問を持ってしかるべきだろう。

おいらにはネットなどで反対する多くの人間が多分いわゆる成人であるであろうことを考えると反対意見がこれほど多いということはある意味で驚きだと思うなぁ。

ちなみにおいらも漫画喫茶に良く行くし漫画は好きである。
だからそういう意見もわからないではないが、基本そういう表現しかないような漫画についてはおいらは飛ばして読んでいるかなぁ。あまり好きではないのだ。

中には少年誌のいわゆる不良漫画などでは悪役側がレイプまがいの行為をだしたりするわけで、こういったものが動判断されるか疑問があるから反対ってことなのかもしれない。

おいら個人は青年誌が18禁で売られればすむことなんで おいらはそうなれば見たければ堂々と18禁コーナーで買うなり見ればいいと思うんだけどなぁ。

漫画家の多くも反対しているねぇ。
そういったエロの表現をしない人までが反対しているわけで、規制する側とされる側の立場で解釈についての問題があるからということなんだろうね。

すでに実施されている児童ポルノの問題でも17歳で撮った宮沢りえの写真集の扱いなどで大いに問題になっているわけだ。写真集自体に17歳の明記はないが誰もが17歳のヘアヌードであることは知っているわけで、可とされるものと不可のものの区別がつかないものは基本的にオークションなどでも扱っていないわけですよ。
(まぁ写真集をオークションに出品して出品停止になったおいらも何度もこの辺は書いてますけどね)

単純に年齢だけで判断する規制側(判断基準がわからないためにオークションサイトは年齢とコスチュームである程度分けているのね)は、ダメというんだけど、おいらからすれば17歳のヘアヌードが19歳の過激なヌードよりよっぽど綺麗な写真に見えてたりするわけですよ。
年齢が若くても芸術作品として捕らえられていればOKだったり、更に言えば芸術作品であれば無修正で性器が写ってしまってもオークションで売れるみたいなのよね。。。。。

こういった条例で規制される際の大きな問題点は 結局 誰基準なの?ってのが明白にならない点だと思うんですよ。
そういう意味ではこういった規制で思わぬところで関係なさそうなところでも被害がでたりすることがあるということも考えられなければならないということらしい。。。。


そして、もうひとつ考えなければいけないことは 少し前にこの問題が争われた際に出版社側と事前に協議がされなかったことが問題になっていたと思うのです。
その後協議はされたのでしょうか?
出版社側は自主規制について何らかの行動をおこしたのでしょうか?
そこらへんが我々一般人には伝わってこない話なんですよね。

おいらは古本屋をやっていてビックリしたんですが、成人漫画って結構売れるんですよ。
おいらにはその良さ?が理解できないんですが売れるんです。

で、そういったものを買う人って(すべてではないと思いますが)多くは写真雑誌とかじゃダメなんですよね。
2次元でないといけないんですよ。
そういう意味では、規制が直接犯罪に繋がるということでもないと思います。 

また、規制が強い国などのほうが実は犯罪件数などが多いという話もあるようです。
規制されている国があるから規制したほうがいいということではなく、日本人の場合だけかもしれませんが欲求のはけ口として都合のいい方向になっているともかんがえられませんかねぇ?

16~7の女の子でも成熟して見えれば性の対象に考えれるのは仕方がないことだと思うんですよねぇ。
だからといって現実に近くにいるそういった人たちにどうこう考えるわけでもないわけですよ、普通は。

反対の理由はある程度想像はつくわけですが、一方でいまの世の中にあふれる性表現についての出版側の規制が見られないことが問題視されているからこそ条例が検討されるのだろうということも考えるべきだと思いますね。

少なくても出版側が自主規制をすることが求められることは確かで、そのやり方しだいで条例が実際に取り締まるかどうかを考えるぐらいになっていくべきだろうとおいらは考えるのですが、いかがでしょうね。
とりあえず、条例をだしてきた東京都は いまの出版物の性表現について問題意識をもっているということですから。

出版側が反対の意向を示すのはかまわないとして自主規制で実質的に取締りの対象にならない方向にもっていくしかないのではないでしょうか。。。。

性犯罪とすぐに結びつける考え方は不自然であることもありますが、出版側が性表現のあり方についてもう少し考える必要がある事は間違いないと思いますね。
ちょっとエッチなほうが売れるということをもう少し掘り下げて露骨な表現をすくなくしてエロを考えてもいいんではないでしょうか。チラリズムの世界ですねw。

まぁおいらはエロは漫画よりは小説みたいに文章だけのほうが好きなんで、漫画にエロは求めていないわけで。

漫画家の先生方は規制が必要と考える人がいることを考えて作品はつくるべきでしょうし、規制する側は作品の内容を理解する努力をするべきだろうと思いますね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック