| Admin |
FC東京 移籍したら裏切り者
2010年12月09日 (木) | 編集 |
J2落ちが決まったFC東京で選手間で移籍したら裏切り者だという話がめぐっているという記事があった。

稚拙な話だと思う。

個人的が判断して残ることにまったく抵抗はないが、本人がJ2で戦いたくない理由を持っていようと そう判断する個人の決断を尊重できなくする稚拙な行為だと思う。

多くのレギュラー選手が残留の姿勢を示しているらしいが、他人の判断を鈍らせるような行為だけはするべきではなかったと思うからこういった報道が出ること自体残念でならない。

過去にJ2落ちしたチームは数々あるわけだ。

その中から移籍した選手も多いわけで、じゃあそれらの選手は元いたチームを愛していなかったかといわれればそうでもないはずだ。
森重などはJ2落ちで移籍したチームもJ2に落ちたわけだ。
大分からでて東京に残る理由はなんだという話になる。
(まぁ大分は経営難で給料の問題もあったんだろうが。。。)
これまでにそうやってJ2落ちすることでチームを離れた選手に対してもお前は裏切り者だと言っているのだろうか?
森重はそうやって東京の一員になったのではないのか?
石川などももしかするとJ2で戦うことになれば代表に声がかからなくなることも考えられる。
今野なども同様だ。
それでも裏切り者扱いして移籍を思い止めたいと思うのだろうか?

しかし、J2落ちすればスポンサーにだって影響は必ずでるわけでプロとして働いている以上 もし優勝を狙えるチームから好条件で話が来れば動きたくなる選手もいるはずだ。
それを阻害する動きを選手自身が仲間の選手を規制する動きをしているということで稚拙としか見えない好意をしていると思えて仕方がない。

今回マリノスから構想外で放出される松田が33歳だったか?山瀬も30歳ぐらいだったと思うのだが、日本代表経験者でも戦力外を言い渡されるのである。
それも30そこそこでだ。

そう考えると、選手生命は短いわけだ。
本当に選手個人の気持ちで東京に残ると決めたのであれば評価するが 揺らぐ選手に裏切り者の汚名を着せる行為は恥ずかしいことだと思うがどうだろう。

J2落ちを機会に名古屋に移って優勝に貢献できた金崎も裏切り者だったのだろうか?
そう見るやつはいるとは思うが、選手生命は短いのである。
チャンスを生かすことは大事なのである。

おいらとしては仲がいいのはいいことだが、選手がステップアップするチャンスなどがあるのであれば応援することも必要だと思う。

FC東京の選手にはそこらへんも含めて考えて欲しいと思う。
悔しい中 突発的に見返してやろうと思うことは仕方がないと思うが、他人に強制することは止めるべきだし自分に声がかかった場合 慎重に判断してもらいたいと思う。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック