| Admin |
TVで法律問題!?
2010年12月09日 (木) | 編集 |
TBSで某国際弁護士が海老蔵事件のようなケース?を問題として法律解釈をしていた。

酒の席で口論から喧嘩になり先に手を出した側が骨折、相手は軽症だったケースで賠償金を骨折した人間が多く貰えるか?というのをやっていた。

国際弁護士の結果ではもらえないという判断だった。

もうひとつ、酒の席でハンドバッグを売ると約束しコースターに裏書をしたが後日お金を持って取りに行くと酒の席の約束は無効であるといわれたというケースでは、その約束は有効であると判断していた。

おいらはこれらに問題があると思うのだが。。。。
それは行列~法律相談所でみてもわかるように、また尖閣ビデオ流出事件を見てもわかるように、弁護士などが判断をしても意見がわれるのである。
一方的にこれが正しいというような報道の仕方でいいのか?ということである。

国際弁護士が100戦100勝であったとしても、つぎ負けるかもしれないわけで 彼の意見だけをさも正解!のように扱うやり方は正しいといえるのだろうか?

おいらは少なくとも こう判断されるケースがあるというような説明をするべきであると思うのだが。

同様なケースがあり裁判を起こして負けたら訴えられても仕方がないと思うのだがいかがだろう?

行列ではこのようなケースではこうなる可能性が何%というような結論をしている。
こういうやり方、もしくはこういう判断ができるという紹介が正しいと思うのだがどうだろう。

もうひとつ。
酒の席で先に手を出したケースだが、この時期にこういう例をあげているのは海老蔵事件を意識しているように見える。
そうなると、ある意味でマスコミ関係者の取材ででてきている海老蔵が手を出したとされる話の場合 海老蔵は損害賠償を得られませんよという意識を視聴者に意識づけるような効果もあるのではないのだろうか?
一種の情報操作のようにも見えるのだ。
大いに問題があるように思えるぞ、おいらには。。。。。

一応TV局にメールしておく!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック