| Admin |
タバコ値上げで個人輸入代行が!?
2010年12月07日 (火) | 編集 |
不思議なんだけど?

海外から個人輸入で買ったら国内で買うより安く買えるらしいのね。
そういった個人輸入の代行業務をして販売してくれるサービスがネットででている。

3カートン買えばマイルドセブンタイプのものは9300円あたりで買えるような雰囲気があるのよね。
(一応手数料、税込みとかいてあるんだが)

味が違うという声もあるようだが、ニコチンやタールの割合は一緒なんで味もにているのであればそれほど気にならないかもしれない(おいらの場合ね)。

おいらは1日1箱ぐらいなので月に約3カートンですね。
個人輸入なら9300円、国内で買えば12300円です。3000円の節約ができることになりますね。

これってどう考えればいいのか 個人的に混乱しております。。。。。。。

おいらは値上げに際して6カートンだかを買って準備しましたから、カートン買いには違和感はありません。
それ以前でもカートンで買っておりましたしね。

なら、個人輸入でも問題が発生しない下ではそのほうがお得だとはわかります。
しかし、タバコを吸う多くの人がこういったサービスに移行して買うようになった場合どうなるのでしょう?

今の時点では値上げ分ぐらいの差ですが、政府は早い段階でまた値上げを検討しているようですからそうなってしまえば個人輸入はもっと盛んに行われるようになるかもしれません。

しかしそうなってしまえば政府は税収が確実に減ることになってしまうように思えます。
タバコ販売専門店などはつぶれてしまうでしょうし、タスポで売り上げを伸ばしたコンビ二も売り上げ減になることも予想されますよね。
儲かるのは代行業者と安い価格でタバコを売っている国ということになります。

まぁ大きな問題は個人輸入に頼る人がどれほど出てくるかということになるのでしょうが、日本国内で価格が上がれば上がるほど利用者は増えるはずですよね。

健康を理由にタバコの価格を上げるという政府の方針で 税収は減ってもいいというのであればいいのですが、個人輸入で安く買える現状では値上げする意味はあるか疑問に思えてきますね。

もっとも、政府はこういう抜け道は次々につぶしていくのでしょうけどね。
発泡酒に対する規制のようにね。。。。。。

まぁ短い間だけでもこういうものを使うことで節約することもありってことなんでしょうかねぇ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック