| Admin |
勝利のメンタリティー植えつけたトゥーリオ! 褒めすぎ!!
2010年11月20日 (土) | 編集 |
勝利のメンタリティーを植えつけた?それがトゥーリオ?
マスコミはヒーローを作りたがるね。

かつて在籍した現監督のストイコビッチはどうだったんだ?と聞いてみたいね。
トゥーリオのほうが優れているとでもいえるのかね。

どうみたってストイコビッチのほうがすごいわけだ。

だが、トゥーリオの褒め言葉が出ている。
マスコミは勝ったときにヒーローを作りたがるのだ。

おいらはトゥーリオを評価していない。
ただひとつ負けず嫌いだかはあるとは思うがね。

公にはいい事を言っているようだが、一方で試合中に報復行為や見方でさえなじるようなことが常に言われている。
(たとえば、へたくそ!変えてくれよあいつ 的なことを言っていると評判である)

浦和でもそうであったが故障が多いことも気になる。
今は代表も故障を理由に休んでいるが(個人的には代表に戻らなくてもいいと思っている)ワールドカップ前であれば所属チームでは休んでいても代表ではでていただろう。

ハッキリいってブラジル人そのものだw。
ロナウドがブラジルに帰ればチームに戻るのが遅れたりぶくぶくになったりすることや、アドリアーノも似たり寄ったりであったし そういう人種なのだ。
ラモスも似たようなところがあったがラモスは休まなかった。
自分のファールを棚上げするのはいつでもどこでも一緒だが。

トゥーリオが入ったから優勝したのか、浦和では優勝できないと踏んで浦和より可能性が高いと判断した名古屋に移って 優勝したらトゥーリオのおかげ?というのも変でないかしら?

トゥーリオが本当に優秀であったなら浦和でもっと勝てていたはずだ。
確かに守備は安定したのかもしれないがトゥーリオ一人頑張って勝てるのならやはり浦和でも勝てていたはずである。
そう考えればいい首脳陣の中専守みんなが頑張ったから勝てたのである。
特に数試合前あたりの試合などは相手の先制されたりリードを許したあとの逆転というすばらしい結果を残している。
こういったメンタルで彼の働きがあったかもしれないことについては否定はしない。
ただし、そのときに彼を前線にあげるポジショニングをし選手の意識をしっかり統制した監督の支持も同時に褒めるべきだろう。

というよりここに至った最大の要因って実はピクシーが監督になったことから始まったのではないかとさえ思うのだが。。。。
ヨンセンやケネディーのような選手を置いた攻撃をずっと続けてきていることで初年度から上位に持ってきた。
年を経るごとにチームは成熟して行っておりついに優勝という栄冠を勝ち取ったのだ。

ワールドカップで活躍した?選手をヒーローに仕立て上げたいのはマスコミのサガなんだろうねぇ。。。。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック