| Admin |
TPP反対で保護したい農業って??
2010年11月19日 (金) | 編集 |
農業の保護ってのが不要ってんじゃないんです。
農業は保護しなければいけない部分はたくさんあるでしょう。

ただ、もっと広く農業の保護を考えるべきではないのでしょうか?

おいらは詳しいことは何もわかりません。

マスコミの一部では農業に参画したいが実は農業への参画が思いのほか難しいという声が取り上げられてますよね。

JAの存在であったり、農地制度の問題、水問題などもあることでしょう。

日本の農家は小規模農業がほとんどであり大きくやろうとすればコネクションがないと難しいようですね。
休耕田などの利用にも制限があって他の用途で使えないなどなど。。。。
いままで政府の対応は補助金などの手段がほとんどでしょう?
農業をやりたいって人に来てもらえるような政策がでたことがあるのでしょうか?

ワタミの社長が農業もやりたいが。。。って話を聞いたことがあるように思います。
個人的には会社の対応はすごくよかった(メールに対する返答がすばらしかったから)けれど、社長本人はそれほど支持はしておりませんが。
でも、やりたいって手を上げるところはあるでしょう。
農地法の改正は必須になるでしょうけど。
大手が参入することで農業が活性化するというのもありだと思います。

問題は小規模のところです。
ここにはおいらは考えを持っておりません。
よく話し合うことが必要でしょう。

ただし、賛成している農家がいることも忘れるべきではありません。

農業保護ってことには賛成なのですが、今の農業従事者を保護するだけの保護ってことではありません。
新規参入がもっと容易に出来るなど農業の規模拡大なども含めた農業支援をすることを前提にしていただきたいと思います。
最初から小規模農業で海外の安い賃金や大規模農業の廉価さと対応は無理なわけで、日本の農業の大規模化や特殊化を促進させJAなどがもっと適正野菜などを追及することで海外への販路もありえると思います。
そうして成功している例があることも事実でしょう。

とりあえず、おいらが考える最初の手立ては農地法改正からですね。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック