| Admin |
暴力装置発言 その2
2010年11月19日 (金) | 編集 |
2ちゃんねるを見てきた。

まずは個人的見解。

そもそも人間の集まりである組織に装置発言はイカンだろ。

まぁ100歩譲ってマルクスレーニン主義だかで使われた言葉を国会の場で使うのはやっぱまずいだろ、ましてや政府の中心にいる人物が。。。。
そもそも自衛隊の中立性を言いながら共産党の言葉を使うってのが。


で、2ちゃんねるでは自民党の石破氏も使ったことがあるという意見が出ている。
しかし、ここで使われている意味を考えると破綻国家のテロという枠がついていることがひとつ上げられる。
もうひとつ、石破氏の警察や軍隊という暴力装置という言葉は武器や兵器といった装置を持つものと受け取れるのですね。

また、暴力装置をきちんとコントロールできなければ破綻国家になる、石破氏と一緒ですね と言っている人がいますが、それは間違いでしょう。
そもそもが日本が 警察や自衛隊を含めキッチリとした法治国家であり破綻するなど考えもしていないと思います。
破綻の危険があるとすれば民主党の政治力によってではないでしょうかw。
そもそも政府の中心にいる人物が自衛隊に対して暴力装置という言葉を使うこと自体刺激発言に他ならないでしょう。先日の尖閣問題での海保に対する対応でもそうだろう。
命を張ってる海保の保安官の正しさを証明するビデオをひた隠ししていることでも軽んじている姿勢がうかがえる。
そもそもが自衛隊はいらないとでも思っているのだろう。
言論の自由はあるので私的な立場での発言であるならばまだいいのだが、公の場での政府の中心にいる人物の発言としてはふさわしくない。
自らテロの理由付けを与える行為でしかないだろう。(こんなことぐらいでテロに走る人はいないと思うが、中には国家にたいしてではなく個人に牙を向ける人がでないとも限らないと思うですよ)

ある意味、自分の体を使った自爆テロでしょうw。
自分で煽って攻撃目標にでもなりたいとしか思えませんね。攻撃を受ければほら見ろ危険だとでもいうのでしょうか?
文民統制というのはあくまで正しい政治によって成り立っているはずです。
政治が正しくなければ成り立たないのです。
果たして今の政府の考え方は正しいのでしょうか?

おいらはどういう意味があろうが人間が集まった組織である自衛隊や警察に装置という言葉を当てはめることを決していいとは思えません。



追伸:話はまったくかわるのですが、夕方のニュースで沖縄の基地の近くの様子の特集を見ました。
今は嘉手納基地の滑走路の補修のために普段はあまりこない航空機が多数着ておりその騒音がすごいということでした。人間は音に対しては神経質になってしまいます。
隣がうるさいなどで殺人事件がおきたりもするし、おいらも夜中の騒音には大きなストレスを感じます。
自衛隊の基地を使ってもらうなど政府としてやれることもあるのではないかと感じました。
グアム移転の話も遅々として進んでいないという話もやってましたしこちらの問題も早く解決に向かってもらいたいものだと思います。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック