| Admin |
仙谷氏叩かれまくりですな
2010年11月12日 (金) | 編集 |
2ちゃんねるでも叩かれまくってますね。

ソースは不明ですが、仙谷氏が外務省を通さないルートを作って密約があったなどという話まで出ている。

色々な番組で言われていることだが、中国のアジア外交の中心人物と外務省を通さないルートで接触ビデオを流出させないことなどいくつかの密約があったというのだ。
しかも、内閣の一員でありながら本来なら外務省ルートで一本化するべき外交を二元化させた張本人だということだ。
以前、細野氏が中国にいったときから出来たルートのようですね。

おいらはつい先日民主党に官房長官の発言が不愉快だというないようのメールを入れている。
中国など特定アジアには配慮し敬語を使うわけだが、一方で今回流出させた海保の用語などする人間は常識がないとも取れる発言を公にしている。
さまざまなアンケートなどで国民の意見が出ている中、それらをまったく無視した上でこういった発言をしていることが不愉快だということです。
8割が公開を望んでいる、誰が不都合になる情報であるかといえば中国であるかもしれないが一番は対応を誤った民主党の不都合が非公開の原因であろう。

きょうのニュース記事では管内閣の支持率が27%などとして自民党の支持率にも抜かれたということが出ていた。

管総理を庇うわけではないが、仙谷氏の不支持率を調査してみれば管内閣の支持率を下げる要因として官房長官の存在がおおきいとおいらには思える。

加害者である中国に対する必要以上の配慮、敬語。
一方で、自身の意見と違う意見には相手を常識がないなどといっているのである。

しかも、昨日は内閣の人間が責任を取る必要はないと考える 見たいな発言であったが、マスコミなどの報道で自身にも責任問題が及ぶ可能性がでるやいなや組織の庁として責任があるなどというように変わってきているらしい。
どこまで卑怯な。。。。。。

マスコミを通じて公に人間性を見せ付けてくれております。

TPP参加を推進したい管総理ですが、TOO加盟には郵政問題は大きなネックになるであろう事はすでに言われておりますし、国民新党はTPP参加に反対を表明しています。
TPP問題で国民新党との連立にもヒビが入りそうで 早いとこ解散してくれないでしょうかねぇ。。。。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック