| Admin |
仙谷氏・・・・
2010年11月11日 (木) | 編集 |
官房長官ってのは面の皮が厚くないと出来ない役職なんでしょうねぇ。

自分たちに都合のいいことだけをいつも言っている。
都合の悪いことは論点うを刷りかえる。

流出した海保に対しては厳罰を望みながら民主党は自分たちは責任を取らないようにすでに予防線を張っている。

まぁ馬鹿ですよねw。
厳しくすればするほど自分たちへの追求も厳しくなるのがわかってません。
当たり前ですよね、海保の長官は管理責任を厳しく問われるがそれを所管する大臣はお目こぼししてほしいといっているのですよ。矛盾した話です。
しかし、彼らにはそれがわからない。

なんで厳しくとなるかといえば そもそもの政府の対応が間違っていると世間はいっているわけだが それを認めたくないばっかりに意地になっているのである。
馬鹿な話だ。

まさか、政治家は間違わないとでも思っているのだろうか。。。。

まぁ政治家だから仕方がないか^^;
まぜなら政治家という人種は謝らない人間の集まりだからねぇ。
謝罪はしない人たちなんですよ!

色々な談話などでよく適切でない表現をしました訂正しますなどとは言うが謝罪はしないんですねぇ、彼らは。。。

そういう人たちの中にあって特に 仙谷氏は すごいです!
言いたい放題!勝手に脳内変換!論点のすり替えの達人!

流出させた海保職員の減刑を訴える声にもマスコミが多くがそう望んでいるようだがと聞けば 私はそうは思わない、大多数がそう思っているはずだという。
勝手に脳内変換してます。自分の都合のいい解釈ですね。

何より、見ている国民をいらだたせるのが中国や韓国への言葉遣いです。
なんであそこまで敬語を使いますかねぇ。
特定アジアへの配慮ができる(つか、必要ない!)のに、国民への配慮ができないのは大いに問題だとおもう。

まずは国民でしょう。

民主党は経済への考えで中国に配慮した態度を取っているのかもしれないが、経済活動は少なくとも安全保障の確保がなされた上でのもののはずだ。
安全保障とは何か。今回は尖閣諸島問題で毅然とした態度を取ることだった。
そこを間違えたのだ。

だから、長引く。
ロシアからはかつて誰もしなかった首相の北方領土訪問をされてしまった。
仙谷氏は勝手にいいように変換していいことのように言っているが、韓国にいい対応だといわれた?ようだが、それは日本の弱腰を歓迎されただけだ。
なめられてるんですね。
(本人たちは褒められてると勘違いしているわけですが^^;)

しかし何故特定アジアにこれほどまでに配慮して日本国民の声に配慮ができないかねぇ。

民主党はかって衆議院選挙のときに挙げたマニフェストのほとんどを反故にしてきている。

子供手当ての見直し(そりゃそうだよな、急ぐあまりに問題を抱えたまま発信させてしまっているからね)、ダム建設中止を見直しに、公務員改革は骨抜き、現状成果の見えない事業仕分け、なにかやってる?(地方分権)、などなど。
確実に進んであるのは社会不安だけです。民主党政権で何事も不安定で落ち着かないからですね。

そうそう、国民の目に見える政治ってのもありましたねぇ。
実際には自民党時代より密室性が高いようにも感じますが。。。。。。。
なにせ民主党内にも秘密でTPP参加とか、消費税増税などが首相の口からでてくるんですからオープンとは決していえない政治ですよね。

そうそう仙谷氏の話だった。。。
少なくともおいらが感じるだけかもしれませんが、官房長官の発言で無駄に特定アジアに配慮した敬語によって国民は気分を害し民主党政権は国民から必要以上?に弱腰ととられていることは間違いないと思います。

政府の広報官としてあの人物の発言は大いに問題です!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック