| Admin |
民主党、わかりやすいなぁw
2010年11月09日 (火) | 編集 |
ビデオ流出で犯人探しをしている民主党だが、今見たニュースでは海保でも関与が見つからなかったようですね。

おいらの当初の予想通り、政府関係者からの流出の可能性がやはりでてきたのではないでしょうか。


検察が否定、海保も違うという調査結果となった場合 政府に近い人間ということになりそうなのだが 民主党ははなからその可能性を探っていなかったように見える。
外に犯人を起きたかったに違いないですね。

犯人は見つからないという予想があてはまりそうな気がしてきましたねぇw。


大騒ぎして探すようなポーズをとった手前というものがあると思うのだが、果たしてどうするのでしょうねぇ。

個人的には民主党内、しかもビデオ関係の入手ができるポジションにいる人間を疑うしかなくなってきたのではないかと思うのだが。。。。。。
警察庁や外務省関係の役人も同様に入手は出来るのかもしれないが、そこで働く人間の仕業だとすれば そのこと事態が民主党の危うさを示すことにもなりかねない。

そもそも、尖閣のビデオが埼玉の川口駅にダンボールに数百本どうぞご自由にお持ちくださいなどと置かれていたと2ちゃんねるではニュースとして紹介されていたわけで、そう考えると沖縄とは別に東京近郊でコピーされているわけだから検察や海保だけで犯人探しをするだけでは収まらなかったんでしょね。


おいらには、小沢政権早期実現のための民主党内犯行説が有力に思えてきましたよw。
管内閣はダメージを受けるが小沢シンパにとっては都合がいい展開に思えて仕方がありませんもん。

もはや民主党は政党内で完全な分裂体制にあるということなんだろうと思います。
それでも総理は民主党が任期一杯政権を握ろうと また総理であり続けることを宣言しているようなわけで この状態での政治方針ってのはどこに筋道があるんでしょうねぇ。
ビデオの公開にしても船長の釈放にしても民主党内でも意見が分かれている、TPPの問題もそうですよね。
そういう状況で誰が物事を決めていっているんでしょうねぇ。
政府は野党を説得しなければならないのに、与党ですらまとまっていないわけですよ。

流出問題では犯人が出てこなければ民主党は更に追い込まれることになるでしょう。
犯人探しをする前に全面公開をする決断をするべきだったと思いますね。

某委員会では、中国船を捕まえるに当たってもっと衝撃的なことが起こっていたという人物がでておりましたし、APEC前にでては困るのかもしれませんが 国民としましてはAPECで総理が土下座外交をしないという確証がなくさっさと公開して世界を味方につけたほうがよっぽど得策だと思うのですが。。。。。。。
政府の弱腰姿勢が誰から見てもわかりやすく かつ情けないんですよねぇ。

中国というマーケットに群がっている経済人と行動に政府は人質を取られているような状態になっているのかもしれませんけどね。
某データでは中国との取引がなくなったってGDPの数パーセントしか影響を受けないというのを見た気がします。
それでも、中国にいっている日本人が大勢いる以上何をしてくるか想像がつかないのも中国なわけで。。。。
いろいろな話を記事で見たりニュースで聞いたりしていますが、何事にも踏ん切りがつかずに後手後手になっている感のある現状ではなるようにしかならないってことでしょうかねぇ。

困ったものだと思います。。。。。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック