| Admin |
小沢氏、政治倫理審査会出席を拒否という記事
2010年11月04日 (木) | 編集 |
小沢さん、やっぱり嘘つきですよね。
あ、正確に言えば出る気がないくせに国会が認めれば出ると言ったってことですね。

民主党の意向は自分の意向しだいでどうにでもなるという気持ちが言わせた言葉だったってことですね。

おいらが小沢氏ならこれが正解なんだと思います。
なぜなら裁判なら勝てるからですね。
政治倫理審査会や証人喚問となれば裁判と同じというわけには行かなくなる可能性があります。
それは裁判では別件について聞かれることはないでしょうが、政治倫理審査会や証人喚問ではほかの事柄についての質問まで出てくる可能性があり、藪をつつかれる可能性があるからですね。

しかし、国民向けには私はいつだって質問に答える用意があるといいはっているわけです。
それもこれも民主党が自分に逆らえないという気持ちがあるのでしょう。

小沢氏の問題は本人からすれば争っている内容は政治資金規正法でも土地取得の際の4億円をめぐるというものだけの問題ですが、国民にとってはそれは疑惑の一部でしかありません。
沖縄の土地取得の話や不動産投資かわかりませんがいくつもの不動産を持っている件など多くの疑惑の対象者であるということなんですね。

裁判では4億円の問題だけで済むのですよ。

それも、自分に不利な証言はしないでよかったはずです。
有罪を立証するのは起訴した側の責任ですからね。

野党からすれば証人喚問に引っ張り出せなければ意味がないといえるでしょう。

小沢氏からすれば政治倫理審査会は最悪の場合で条件付で出るという方法を残しつつ拒否するというのが駆け引きというものでしょうね。

それにしても民主党の多くの議員さんは、政権党だから問題視されるのをわかっているのか 野党で同じことが起きれば今と同じことが言ってられるのかどうか よ~く覚えておいてほしいところですね。

小沢氏にいたってはニコニコ動画で私なら船長は返さなかったといったらしいですが、議員団300人以上で中国に行った人の発言としては信憑性がなく(そもそも捕まえないってのはなしですよね?)民主党代表選挙まえから 民主党の人たちって全然まとまってないということを暴露し続けているようにしか見えないんですが、これでいいのでしょうかねぇ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック