| Admin |
仙石氏の 「いろんな配慮からよくないと考えている」
2010年11月01日 (月) | 編集 |
国会でビデオの公開が約10分間行われたということのようです。

それを見た議員の反応は聞こえてくる限りでは 明らかにぶつけにきているというものがほとんどで全面公開を望む声が多いと思えるのです。

ところが、民主党の仙石氏は表題のようにいろんな配慮からよくないと言っている。

いったいどこの誰に配慮するというのだろう。

おいらが想像するには あきらかにぶつけに来ている、なぜ釈放したのかという民主党政権への批判が嫌だからという政権への配慮?、もしくは、中国への配慮以外に考えられない。

尖閣諸島の領有権を主張し、中国の考えがすべてという風に振舞ってきた中国共産党への配慮を政府がしてどうするというのだろう。

政府の考え方はおかしいといわざるをえない。

ビデオを見た野党議員が公開を望む声を上げているわけだが、このまま非公開を言い続ければ民主党政権の国民の目に見える政治といい続けてきたことをまたしても裏切る結果になるわけである。


どうにも民主党政権になって自民党時代よりも国民の目から隠そうとすることが多くなっているように思えて仕方がない。
一部の政治家だけによる政治がおこなわれているようで本当に不安ですね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック