| Admin |
石川議員が 小沢氏が無罪になったらその不利益はどうなるのか?と語ったそうな
2010年10月11日 (月) | 編集 |
2チャンネルのスレッドで見つけました。

そこに書き込んでいる人で小沢氏に批判的な人も有罪にするから大丈夫とか 願望だけで書いている人が多いのがなんとなく残念です。

正直これまでの操作などで、得られる証拠だけでは有罪の立証が難しいとの判断で不起訴にしていると思うわけで今後新しい証言をしてくれる人が現れない限り裁判で有罪にするのは難しいと個人的には思います。

しかし、心証は限りなく黒ですよね。

その場合、小沢氏はいままでの様子から無罪になればまた無実であると主張することになるわけですよね。
しかし無罪と無実は違うのはみなさんがわかっているわけです。

裁判で争うのは検察側が有罪の証拠を出さなければならない仕組みで、証拠がそろわなければ罪には問えないわけです。
一方で、国民が求めているのは小沢氏が無実の立証を自らすることです。
嘘の証言ができない証人喚問で自らの潔白を証明することを望んでいるわけです。

まぁ政治資金規正法で元秘書ら3人が有罪になっているわけですから、小沢氏ができることはこのまま裁判で争って無罪を勝ち取ることしかできないと思いますが。。。。
ただ、それでは国民の心証は変わらないと思いますけどね。
検察は証拠をつかめなかっただけだとわかっていますからね。

現状では物的証拠を見つけ出すことは困難であろうと(過去の操作からみてですが)思われ、小沢氏に協力している人間が寝返って新たな証言なり証拠を持ち出してくれなければ裁判では無罪判決が出るだろうと思われます。
それが1回目の基礎相当に対して検察が再度不起訴にしたことでも伺えると思うのです。

で、とりあえず個人の意見ですが現状でもっとも有効なのがやっぱり証人喚問だけだと思うのです。
まぁ証人喚問でも証拠がないと結局有罪の証明は難しいと思うのですが、質問によっては小沢氏側がぼろを出す可能性がありえると思うのです。政治資金規正法のボロは難しいですが、偽証罪のほうでですけど。。。。

それでも、今よりも国民の心証が悪くなれば政治家としての信用が下がるわけです。

このままでは小沢氏が自ら潔白の証明をすることはないと思うので、小沢氏を追い込む唯一の方法が証人喚問であろうということですね。

もっとも、国民の声が圧倒的に証人喚問を望むということ、それ以外に小沢氏の疑惑が消えないということを感じさせるだけの力がないと証人喚問は行われないでしょうけどね。
まぁマスコミが証人喚問をもっと煽ってくれないと実現さえ難しいということでしょう。

おいらは民主党にはメールで国民が納得する唯一の方法は証人喚問に応じて自らが潔白の証をしめすことだと書きました。
野党のいくつかには証人喚問をぜひ実現させてくれと送りましたw。


でも、不思議なんですよね。
野党側の追求が、思いのほか弱いというか。。。
裁判で争うのは証拠だけで、潔白を証明しているのではないということをハッキリマスコミにいうべきだし、裁判では被告の不利益になることは言わなくていいようになっていて、真実は見えないということを言うべきだし証人喚問以外真実に近づくことができないと訴えて民意を煽るべきだと思うんですが、どうにも言葉が弱いと思うのです。
メディアでは弁護士などの発言からも裁判になっても無罪になる公算が高いといわれている中で強制基礎に至ったわけですから国民が知りたいことを聞きだせる場所は証人喚問しかないともっとハッキリ言うべきでしょう。
ただただ、証人喚問を求めるといったってこのままでは民主党は応じるとも思えないのです。
もっと世論がそれを望むようにならなければ民主党が動かないと思うのです。
世論を動かすのはおいらがここで書いたってたかが知れているとおもいます。
政治家の言葉であったり、メディアが裁判と証人喚問の価値の違いをもっと訴える必要があると思うのです。

まぁ名誉毀損とかいろいろ問題があるのかもしれませんけどね。
でも、ことは国家の一大事にかかわる(無罪で政治家を続けれるようではまたまた総理候補になったりするかもしれないわけですから)ことですから、野党ももうすこし必死になってもいいように思うんですけどねぇ。

まぁ今の小沢氏にとって一番の問題は表題の発言をした石川議員の小沢氏に話したという言葉が数少ない不利な状況のように思えるのですが、その発言をした人が心配してどうする?とおいらは思ってしまうのですよ。
大久保氏などは最後まで庇いまくって終わったのに対し石川氏は少し折れたということだとおいらは思うのですが。

証人喚問の中継見たいなぁ。。。。。。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック