| Admin |
タバコの危険性の不思議
2010年10月03日 (日) | 編集 |
2ちゃんねるのスレッドから

受動喫煙が原因で肺がんや心臓病で死亡する成人は、国内で毎年約6800人に
 上るとの推計値を厚生労働省研究班が28日、発表した。
 女性が約4600人と被害が大きく、全体のうち半数以上の約3600人は職場での
 受動喫煙とみられる。

というものがあった。
これをもって受動喫煙の危険性をいっているわけです。

おいらが不思議に思うのは6800人の数字の根拠もそうですが、何より過半数に登る女性に圧倒的に被害が多いということですね。
しかも、その理由が職場での受動喫煙としている。

まずはお約束の肺がんになっている年齢がサッパリわからないということ。
何よりも、職場での受動喫煙が原因となれば圧倒的に男性のほうが仕事をしている確立が高いはずなのに被害にあったといわれる人数が女性が多いということ。
この不思議を感じませんか?

詳しく調べればその理由はわかるのかもしれませんが、この記事の内容だけを持って受動喫煙が原因といわれて納得することは難しいように思えます。
(タバコが嫌いな人は素直に受け入れるかもしれませんが)

先日書いたのですが、遺伝子の問題でニコチンだかの影響を受けやすい、受けにくいなどの先天的な原因があって女性には影響力が大きいのかもしれませんが、それならば世間的にそういう警鐘がずっと前からされているべきものだと思います。

それにしても、こういった資料が出てくるときになぜ年齢などの事柄は抜かれて論じられるのか不思議です。

想像でものをいうしかないのですが、70過ぎて肺がんになりその原因が昔の受動喫煙と言われたとして 確かに平均寿命(今年の100才以上の人の失踪騒ぎでどうなるか知りませんが)より10年短い人生になるかもしれませんがそのくらいの年になればなにかしら問題はでてくるわけです。
職場での受動喫煙が原因というのであれば例えば現役で働いていて肺がんになった人の割合ぐらいは明示して欲しいと思います。

今の世の中、タバコの危険性に意義を唱える人は少ない状況でこういった研究結果を発表しておけば政府をはじめ誰もが疑いを持たないわけです。
ただ、研究者であるならば(もしくは発表された記事を掲載するならば)すくなくても根拠や発症した年齢など喫煙者がある程度納得できるだけの内容は知らせるべきではないのでしょうか。

もっとも、マウスなどの実験ではタバコの有害性を確認できるのでしょうが、こと人間の生活環境を再現した状態でタバコだけの危険性を実証することは非常に難しいことで、実証できればノーベル賞ものだというのも本当だろうと思いますが。。。。。

2ちゃんねるでの反論でも排気ガスを車内に引き込んで自殺することはできてもタバコを吸って自殺した人はいないというものがありました。
まぁこの例えには無理があるとおもいますが、(排気ガスと同量もしくはそれに近い量の煙なりを一気に車内に引き込むことが出来ないからでしょうねw)喫煙にはニコチンなどの人体に悪影響を与えるものを確実に取り込んでいるのも間違いはないのですから吸わないほうが健康的であることに間違いはありませんよね。



正直言ってタバコの危険性は確かにあると思いますし、研究そのものは悪いことではないと思いますが 発表方法や研究内容について疑問はあります。
日本の平均寿命が高いのに昔の喫煙率が高かったこと(高齢の人はその昔、ほとんどの人が喫煙していたということになるわけです)でもわかるように、世間で指摘されていることは確かにそういう要素はあるのでしょうが 絶対てきなものではないということでしょう。

そんなことより、他人の気持ちになればタバコが嫌いな人に迷惑をかけないようにしよう!で十分なようにおもえてなりませんよ。

おいらは少し前に古本屋をやっていて狭い店内に酒臭い人が来れば おいらも気持ち悪くなっていたし にんにくの利いたラーメンを食べた人が入ってくれば吐きそうになったものです。
被害者(ちょっとおおげさですかね)の気持ちになれば 迷惑をかけない努力はするべきだと思います。
タバコの匂いが嫌というところは喫煙をしていれば染み付いてしまう部分があるので多少我慢してもらうとしても、嫌な人の前ではすわない努力をするべきだと思うし、社会的に見ればそういうように禁煙区域が増えているわけです。

ただ、政府が喫煙の健康被害を訴え吸わせないようにとタバコ税を上げるという行為だけは納得がいきませんけどね。
日本だけでなく海外でもタバコの価格が高く設定されていても健康被害をいくら訴えても禁煙法が設定されている国は聞いたことがありません。
パッケージにタバコにやられた内臓などを表示させても売られているのですよね。
マリファナが合法の国もあれば違法な国もあるわけで、それに比べてタバコの扱いってなんなの?と思わずにいられないですよね。
タバコの中でもシガレットに目が行きがちですが、パイプはシガレットよりも体にいいという話もあるようですし世界には水タバコとかいうものもあるらしく水を通すことによってニコチンなどがある程度減少するというものらしいのです。
電子タバコもでておりますが、おいらは買って付属のカートリッジを使い切る前に本体が壊れましたよ。。。。。。
信頼性が悪すぎます!

煙の出ないタバコ!早く一般的に変えるようにして欲しいものです。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック