| Admin |
尖閣諸島の問題
2010年09月25日 (土) | 編集 |
今回の処分保留で釈放についてはあまり書かないことにしますが、そのことについて慶応大学の教授の言葉が気になっております。

米軍が沖縄を統治していた時代に米軍が尖閣諸島を統治下においていたということです。
すなわちその時点で誰もが日本の一部だったと認めていたのではないのでしょうか。

68年だかに地下資源の存在が明らかになり沖縄の返還が決まってから71年ごろから中国の領土の主張が始まったということらしい。
(同様に台湾もですが)

そして調べてみると米軍の弾薬庫が尖閣諸島の一部にまだ存在し現在でも使用されているということのようなのです。

アメリカのマスコミで一部中国に分があるなどと書かれていたようですが、そうするとアメリカは勝手に中国の領土に弾薬庫を置き使っているという非常にデタラメを現在もしているということになるのではないのでしょうか。
アメリカのマスコミも無責任だといわざるをえませんよね。


それと調べているうちに こんな質問がありました。
何故ネット右翼は尖閣諸島の問題で中国ばかりを批判するのでしょう?台湾も自国の領土と主張しているではないですか。というのがありました。

個人的な意見ですが、台湾は領土の主張はしておりますがそこは日本と同じでもんぢあにしないようにしてきております。一方で中国はといえば地下資源の採掘を独断ではじめ漁業も日本側から見れば違法操業と言える形で創業しているわけです。
いわば実力行使に来ているわけです。
コレを同じ土俵に乗せて考えるのは普通に考えておかしなことだと思いませんか?
国益がからむ問題ですからお互いが主張する分には仕方がないことだと思いますが、実力行使に踏み込む国とそうでない国を同じには語れないでしょう。

さらにインドネシアでインドネシアが違法操業の漁船を拿捕した際に中国の漁業監視船(形は監視船ですが元は軍艦を白く塗っただけのものだそうです)が漁船を開放しないと発砲すると脅し、グラスファイバー製のインドネシアの船は仕方なく開放したという話がでてきました。
こうした話を聞けば結果的に軍事力が国を守っているということが実感できると思います。
インドネシアからすれば自国の法律に触れるわけで、それにしたがって拿捕したわけですが背景にある軍事力に国益が損なわれたわけです。
尖閣諸島の問題だって今回のことで中国が漁業監視船という名の元軍艦がついてきて威嚇されたら日本はどうするのでしょう。

アメリカは基本的に尖閣諸島の問題は日米安保の範囲内だといっておりますが(そりゃあ弾薬庫として今も使っていればそういわざるを得ないでしょう)基本的には及び腰である野は明白で 日中二国間の問題であるという基本姿勢があるわけです。
今回は釈放という形がとられましたが、領土問題は続きます。
今後を考えれば、自国を守るということでの軍事力ということにも言及していかなければならなくなってきたのではないでしょうか。。。。。
先日そこまで言って委員会で国防に関しての資料(安全保障についての問題を提起する資料のように思えますが)が宮崎氏から少し出ておりましたが、その内容では宮崎氏はコレが実践されるのであれば民主党にも期待が持てる的な発言があったように記憶しております。
おいらはその内容について知りませんが、韓国とに問題や尖閣諸島の問題についても相応の対策が必要であろうとおもわれますね。(台湾だけなら底まで必要ではないのでしょうが)

ある意味では日本人が安全保障について考え直す いい機会ではあるようにおもいます。
 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック