| Admin |
菅内閣、やっぱりおかしな人事かな
2010年09月19日 (日) | 編集 |
ほとんどの人のことは知りませんので多くは語れないのですが、一つのことで十分な気がします。

国家公安委員長のポストに岡崎トミ子議員がなってるんですよね。

この方、H15年に従軍慰安婦問題で韓国の反日デモに国会議員としてはじめて参加した人なんですよね。
そのデモでは日の丸に×印を描いたプラカードなどが掲げられていたという次第ですよ。
そのために一時期、役職停止処分まで受けたそうな。。。。
それに加え、朝鮮学校の理事やパチンコ店の韓国人から寄付を受けていたことなども発覚したことがあるそうな。
外国人から政治資金を受け取るのは政治資金規正法に抵触することで、本人は新聞社の人に指摘されるまで違法とは知らなかった経緯があるそうですよ。

こんな人が警察庁のトップに座るわけですよね。


先日の そこまで言って委員会ででは民主党のトップの人達が沖縄にいる海兵隊の人数も良くわかっていないということが指摘されていたが、正直言って民主党では安全保障について不安で仕方がない。


話しは変わるが、昨日だか ニュース番組に東国原知事がゲストで新しい内閣について もしかすると歴史に名が残る内閣になるかもしれないといっていた。
地方分権の問題が片山総務大臣(元鳥取県知事)の就任で進展があるかもしれないということでそう語ったようなんですよね。
しかし、知事の立場であるならば もっと総合的に物事見て欲しいと思うなぁ。
総務大臣だけで国が動くわけではないですからねw。

ちなみに今日のニュースでは新しい大臣の会見で(全員やったわけではないらしいのですが)片山大臣を含めた3閣僚が演壇に上がる際国旗に敬礼がなかったというものがありました。
敬礼すればいい大臣というわけではないのですが、少なくとも自民政権時代にはほとんどの閣僚がやっていたことなんでしょうね。民主党政権になってからこういう話題がでてくるわけですからね。
しかし、ある意味では国歌や国旗に不敬な人が政治を動かすなどとすれば本当に国がよくなるのか不安に思えてしまうかもしれませんからねぇ。

そういうことから考えれば国家公安委員長のポストに反日デモに参加した人がなるというのもどうかと思いますね。
人がいてポストが決まるのか、ポストにあった人が選ばれるのか知りませんが こういう人事でいいのでしょうかねぇ。

原口大臣などは小沢指示を打ち出してポストがなくなったみたいに見えてしまうのも仕方がないのでしょうかね。
長妻大臣が変わったのは 個人的にはありですが、ある意味 年金問題の仕掛け人で絶大な支持があったはずなんでしょうが そういう人もポストがなくなってしまうわけです。
人事は首相が決めているのでしょうが、人事について国民にわかりやすい説明があってもいいような気がします。

まぁ一部ではこの内閣も今年を越えれるかどうか、遅くとも来年の春には変わるという人もいるようですので 微妙ですけどね。

個人的にはやっぱり期待できそうもないかなぁ。。。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック