| Admin |
死刑が執行されたそうですね
2010年07月28日 (水) | 編集 |
ニュースでやっておりますね。
千葉大臣が立ち会ったそうです。

執行に際して大臣の印が必要ということでその責任を取る意味もこめてのことでしょう、それ自体は悪いことではないと思います。

報道では千葉大臣が執行を認める印をついたことに対し、亀井元大臣などは立派な人だと思っていたが違ったようだなどという声が出ていたし、民主党の死刑廃止を望む人達の代表なども同様の発言をしている様子が伝えられた。

馬鹿馬鹿しい。
亀井大臣などは一緒に閣僚をしていたので知らない人ではないのだろう、死刑制度に対する考え方が違うだけでどうしてそれほど相手を否定できるのだろう?
民主党議員にいたってはどういうつもりなんだろう?
あなた方の選んだ総理が任命した大臣であるにもかかわらず、否定しているわけだ。
完全に党内が統一された考えに基づいていないことがわかる発言だ。
党内なら簡単な話だろう、任命責任を問うたらいかが?

先進国の中で多くが死刑制度が廃止されているということで同調している人間が多いのではないかと個人的に思っている。
どうにも政治家というもの海外に自然に目がいってしまうのだろう、欧米で当たり前のようになっているものについては さもそれが正しいと思い込んでいないか?と思うのです。

さすがに中国などは例外に思いますが、日本の人権に関する考え方ってちょっと異常のように思えてなりません。
特に、違反者、犯罪者についてですね。
もちろん冤罪は問題外ですが、道交法違反という犯罪(間違いなく犯罪ですが)などは軽微な犯罪と捉えているのでしょうか違反者が逃亡した際追い込んでしまって事故ったら警察の責任を問う姿が目に付きますよね。これっておかしいと思いませんか?
そもそもが逃げること自体がおかしいのですよ。

違反者の検挙は警察の仕事で逃げた人の起こした事故は自己責任でしょう?

海外では自己責任って考え方が普通にあるとおもうのですが、日本では正当な警察の仕事でもある検挙のあり方にまでとやかくいい逃げ切れるチャンスがあるとマスコミ揚げて勘違いさせてないかと思ってしまいます。

日本の死刑反対論者が例にだす海外の多くが自衛手段がある程度認められていることを考えずに人道的にということを論じるのは問題があるような気がします。

のう一つ、常々感じるのですが自分は安全なところにいながら語っている人が多いのではないかという気がしてなりません。
もちろん現状ではおいらもその一人です。

犯罪被害者の家族なりの意見がもっと取り上げられるべき問題であるように感じます。
犯人に対する感情を一番強く持っている人達の意見こそ尊重されるべき事柄ではないかと思うのです。
終身刑の話もでることでしょうが、終身刑は税金を使って犯人を養う形のものでありもし終身刑の人間が増えてしまった場合のことも考えておくべき事柄でしょう。
今後東アジアの人達が日本に入りやすくなる話がありますが、一方でその国々の人達による犯罪も増えているのも実情だと思うのです。
そうしたことも念頭にただただ人道的になどという議論であってはいけないと思います。


それにしても、こういっちゃなんですが民主党が選挙でまけるわけですよ。
マスコミの取材がそうしむけているのかもしれませんが、同じ閣内にいた人や同じ民主党の議員などから非難されるわけです。
民主党の代表が選んだ大臣の行動についてですよ。

こういったところを存分に見せておきながら 民主党はまとまっているなどといったところで口先だけ政権党にとどまるためだけの集まりであるとしか見えてこないのが今の民主党ではないかと思えてなりません。

ちなみにこの問題はそれぞれの考え方もあるでしょうし、簡単に決着がつくような話でもないと思います。
なのに、このことだけで公の場でいい人だと思ってたんだけど残念だ!などとかつての同僚や今の同僚にいわれるようなことなんだろうか?
言論の自由などといいつつ、自分たちの意見に沿わない人間にこうも否定的に言えてしまう政治家ってのは恐ろしいですね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック