| Admin |
パス成功率最下位、枠内シュート率1位 意味があるのか?
2010年07月15日 (木) | 編集 |
ワールドカップの検証ですね。
Fifaが公式に発表したものだそうです。

パス成功率などが最下位ってのは仕方がないでしょう。
クリア優先って場面がカメルーン戦の終盤とかオランダ戦などで相当多かったですからね。

他にも常々不思議に思っていることですが、最後尾のトゥーリオが一気に前線へ送るパスが多く その多くがラインを割ったり相手ボールになっております。
まぁ数少ないですが ときどきチャンスになりますけどね。
こんなボールがいるのか?と思っておりますよ、本当に。

今回も浦和でチームメイトだった阿部、ボランチに遠藤などというパス能力のある人間がいるのもかかわらず なぜかトゥーリオがロングを出すんですよね。
阿部や遠藤よりもロングの力はあるのかもしれませんが、みすみす相手ボールになるケースが多い現状を考えれば阿部や遠藤を使って短いパスを使うべきでしょう。

データによると長友などの成功率が低いと出ているらしいのですが、(おいらはこのデータの算出方法を良く知らないのですが)エトーなどサイドで張っていた選手のボールカットなどでボールに触れるケースが多かったということではないのでしょうか?
長友が相手の起点になりそうな選手を押さえ込んでいたと評価されるだけの結果はでていたように思います。

パス成功率が低いことはディフェンシブに戦ってクリア優先ということで低いのは仕方がないでしょう。
ウルグアイも30位と低いことからセーフティファーストがある意味しっかり出来ていたということだと思います。

問題は枠内シュート率が1位ってことです。
その割りに得点が少ない。
大久保などが打てども打てども1本しか枠内にいってないのに1位って。。。。

答えは簡単でしょう。
シュートが少ないのですよ。
パラグアイ戦で玉田がゴール目前でパスを出したように積極性が足らないのです。

また、何度もいいますが ボールと高地の影響でしょう。
メッシやロナウドなど有力な選手がほとんど点が取れておりません。
ロッベンやスナイデル、ビジャなどの選手が期待通り点を取っているなかで 多くのストライカーが点を取ることが出来ずに終わっています。
エトーやドログバ、ルーニーなどの点取りやがほとんどゴールに絡めませんでした。
酷いといってはあれですが、韓国戦のナイジェリアなどもゴール付近からのシュートをはずしまくっています。
フリーキックで枠内にいかないものも相当あり、そういった結果日本の枠内シュートが多くなったということでしょう。
枠内シュートが多くなった原因はデンマーク戦のおかげでしょうw。

一番の問題はFifaランクが32位になったことですね。

一部海外メディアなどが日本が強くなったという評価をしています。
はたしてそうでしょうか?
おいらにはそう思えません。
2チャンネルのスレッドでも日本がレベルアップしたのだから32位は妥当みたいなことを書いている人もいましたが、どこがレベルアップしたというのでしょう?

トルシエの時代からスピードもあり規律もあったわけです。
ただ、トルシエのころでもこれほど守備的に戦っていなかっただけでしょう。
なぜなら、前にも書きましたがこういう守備的な戦い方を成熟させる環境に日本がないからです。
アジアが主な戦場であり、強豪と戦うといったところで そのほとんどをホームで戦う日本が守備的な戦いを用いる必要がないのです。
いってみればワールドカップ限定のスペシャルフォーメーションですよ。

これを見ただけでレベルアップなどと考えることはおかしいということです。

たぶんすぐに答えは出るでしょう。
ワールドカップ意外であんな守備的な布陣がしけますか?
それこそパラグアイあたりを呼んできて新監督で戦うなどという構想もあるらしいのですが、ワールドカップと同じ布陣で戦えると思いますか?
ホームで戦うのです。
もっと攻撃的なメンバーを使うでしょう。
そのときにアナが出来ない戦いができるでしょうか?

ヨーロッパに出て行った選手は呼べないかもしれませんし、日本がワールドカップと同じような布陣で臨んでいいのでしょうか?
ホームではじめから運がよければ勝てるという負けない戦術で戦っていいのでしょうか?
臨機応変に戦うといえばカッコいいですが、ワールドカップでの戦い方は相手に点を取らせない戦術だったわけです。
運良く点が入ったから勝てたというのがカメルーン戦です。
勢いでオランダ戦で0-1、負けられなくなったデンマークに3-1で結果を残せたのです。
パラグアイ戦も負けないサッカーを基本にしています。
パラグアイも日本と同様に基本的には負けないサッカーをしているためにPKまでいけたのです。
パラグアイがもっと点を取るサッカーをするチームであればどうなったかわかりません。
デンマークも基本は守って勝つサッカーで予選を戦ったわけです。
日本戦では勝たなければいけなかったのです。

本来の日本の戦場はアジアであり、強豪などと戦う場合もほとんどがホームで1軍半を相手にしております。
負けないサッカーをするわけにはいかないと思うのですが。。。
アジアとホームで戦うサッカーの基本を負けないサッカーにするわけにはいかないでしょう。

おいらは日本がやるべきサッカーは少なくとも点を取る、取りに行くサッカーが基本になると思います。
守りにいって強豪相手でも通用したという今回の結果は自身にしてもいいと思いますが、将来的に見て本来岡田監督がパスを早く繋いでポゼッションを高め点を取りに行くサッカーを最後に捨ててしまったことは正しかったのかと言えば疑問だと思っています。
負けてもそうするべきだったのかもしれません。
なぜならそれが本来向かうべき日本の姿だったかもしれないのですから。

スペインになれれば一番いい形かもしれません。
しかし、さすがにあのクラスには簡単ではないでしょう。
メキシコはよく日本にあったスタイルだと言われます。
そう思います。ただし、日本人と精神構造が元々違っているので同じようなパスサッカーは目指してもやはり日本オリジナルを作らなければならないと思います。
そうなると日本が一番にするべきはスたらーカーをだすことです。
本田がもう少しFW的なポジションをヨーロッパでこなし、それが時代を担う若い世代の刺激になること、それと協会として点を取るスペシャリストの養成をしていくことが望まれると思います。

トータルフットボールと言われFWも守備の意識が重要とか、自分よりいい体制の人間にパスをするべきなどということより点は自分が決めるという強い意思を持って点を取る人間を作ることのほうが重要な課題ではないでしょうか?
 
日本の指導者の中には個性的な指導をする人もいるようですが、悲しいかな高校生活の3年間だけになってしまったりと短い期間しか携わっておりません。
少なくても中高の6年間、できればユース時代を終えるぐらいまでは一貫して指導できるような環境を境界は作る努力をもっとするべきでしょう。
Jのユース、ジュニアなどというところではできているのでしょうが、それだけではまだまだ少ないし、またJリーグの方向性に引っ張られていきはしないでしょうか。
Jをトップにした教育ではJを超えることは出来ないと思うのです。
おいらの地元大分でも梅崎や金崎といった下から上がってきたいい選手はいますし他でも若手からいい選手が出てきております。
できればトップに上がる前に海外でもっと経験を積むシステムなどが出来ることが理想だと思うし、究極的にはジュニア、ユースの世代を海外で短期ではなく長期的に武者修行できるシステムができることを望みたいと思いますね。

かつての日本のMFはパスがうまいと言う選手はでておりますが(小野や俊輔ですね)同時に走れるという選手が代表に選ばれてきていません。
柏木などはもっと早いうちから定着するべきだと思っておりますし、今回松井などサイドで前に向ける選手ボールを前に運べる選手にもスポットがあたりましたが、そういう選手が代表にもっと呼ばれるべきでしょう。

できれば、時期代表監督にはそういった若い世代の力をもっと評価して欲しいと思いますね。
いまの代表の中心選手を優遇する雰囲気はなんとなくわかりますが基本に多様な選手が多くなっているように思えてなりません。
遠藤、俊輔、憲剛、小笠原など多少役割は違うかもしれませんが似たタイプが多くはないのでしょうか?
オシムがいっていた汗をかく選手がいてこそ光る選手ばかり集めて汗をかく選手がいないチームを作っても機能しないように思います。二川であったり野沢であったりそういう選手がいてこそチームが強くなっているように思いますね。

集客力があるだけの選手を呼んでもブラジルではないのだから強気チームができるわけではないと思うのです。

今度の監督と協会の考えに期待したいと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック