| Admin |
オランダVSウルグアイ 審判も難儀だなぁ
2010年07月07日 (水) | 編集 |
いい試合でした。

ただ、オランダの2点目は議論を呼びそうですね。

オフサイドポジションにオランダの選手がいたことは間違いありませんが、問題は関与したかどうかの判断になるということでしょう。
ボールの飛んだコースに選手がいたので おいら個人的にはオフサイドでいいような気がします。
よけようとしたにせよ キーパーが幻惑されているのではないのでしょうか。。。
まぁボールがウルグアイの選手にさわって絶妙のコースにいってしまったのはウルグアイにとっては不運としかいいようがありませんね。
また、こういうことがあるからこそ シュートは打ってななんぼというものでしょう。

それにしてもウルグアイはいい試合をしました。
1-3となったあとも攻撃を続けオランダ相手に攻勢にでて2点目を取ったわけです。
もう少し時間があればどうなったかもわかりません。
それほどのゲームだったように思います。


今回のワールドカップでは大きな誤審が同じ日に2つも出ました。
イングランドのゴールが認められなかったことと、アルゼンチンのテベス選手のオフサイドが取られなかったことです。
しかし、スローVTRでもしかするとハンドではないか?と思えるようなシーンがいくつかあり それはほとんどが見逃されています。
肉眼で判断するにはペナルティーエリアでの審判は非常に難しい状況で仕方がないようにも思えます。
また、きょうのようなオフサイド位置にいた選手のプレーへの関与の問題についても瞬時に判断を要求されるわけですから審判も大変ですよね。
オランダ川からすれば関与しないようによけたと見るでしょうし、ウルグアイ側からすればボールが飛んだコースにいたわけですから当然オフサイドを主張するはずです。
さわっていれば確実にオフサイドになるところでさわれなかったかよけた ということでその行為をどう見るかという判断になり関与のあるなしの判断になるわけで非常に微妙です。

3点目も2点目がはいって時間がたっておらず 点が入る前はウルグアイも攻勢にでてましたので 2点目の判断が試合を分けたとも言えるかもしれません。

数はすくないですが オフサイドの判定を受けたなかにもオフサイドに見えないものもありましたし、ファールを取られた中でもファールじゃないだろうというプレーもありました。
大きな大会では世界中の審判がレフェリングするようになっていますが、審判によってカードが多かったり偏った判断がされているように思えることがあります。
せっかくの4年に1回の大会でもありますし、Fifaはもう少し審判のレベルについてもシッカリとした調査をして宣すつして欲しいと思いますね。
今回カードが多かった審判の中には過去にも同様なことがあり、国内でも謹慎的な措置が取られたこともある審判がでていたようです。
コンタクトプレーに寛容な審判もいれば厳しい審判もいるわけで試合の流れに大きく関わるわけです。
誤審問題も含めてFifaには大きな課題のように思えます。

さて、残るは明日というか今日というか ドイツVSスペインと3位決定戦、そしてワールドカップの行方が決まる決勝戦の3試合になってきました。
決勝には初優勝を狙うオランダがきょう勝ちあがりを決めました。
ドイツVSスペイン 楽しみですねぇ。
ドイツはイングランドやアルゼンチン相手に4点づつ取って勝ちあがってきてます。
圧倒的な攻撃力があるわけですが、スペインのほうもポゼッショんで相手チームをずっと圧倒しております。
ドイツ有利と見る人もおおいですが、スペインのボールが早く動くパスサッカーも大変魅力的で最後まで見ていたいという思いもありますね。
不調のフェルナンド・トーレスが先発をはずれるという話もでており、どうなることやら。。。

同時に得点王のチャンスも何人かの選手にあるわけで残りの試合で見たい光景がまだまだあるわけです。
ワールドカップはまだもう少し、大きな夢がまっていると感じさせてくれていますね。

すこしでもいい試合を見れるよう期待しています。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック