| Admin |
おつかれさま、日本代表
2010年06月30日 (水) | 編集 |
残念ながら負けてしまいましたね。

ただ、今回日本代表がやったプレーは今後の指針の一つになるかもしれません。
これだけではダメですけどね。

がっちり守って少ないチャンスを生かす。
格上のチームとの戦い方の一つです。

PK戦までいったので途中の戦術などについてとやかく言っても仕方がないのですが、蹴りだすだけのボールが多すぎたように思えます。

ワールドカップの試合ではこういう試合でも文句は言われないと思いますが、やはり点を取って勝てるチームが見たいのです。
最終ラインの都トゥーリオからの精度を欠いたロングフィードや姿勢は悪くないがワールドカップの期間中1本も枠にいかなかった大久保のシュートなど多くの課題はあると思います。

もう一つ、岡田監督の采配なのですが 結局先発メンバーをいじれなかったことも個人的には不満です。
岡田監督の性格なんでしょうが、予選の段階からせっかく新しく呼んだメンバーなどもほとんど使われなかったなど、保守的にしか人が使えませんね。
せっかく特徴を持った多くの選手を呼んでおきながら使えなかったのがもったいないと思います。
サポーターの多くは結果がよかったのでこれでいいと思う人も多いかもしれませんが、おいらはせっかくのワールドカップで一つの可能性を突き進むより、もっと多くのチャレンジをして欲しかったと思います。

それも、繋ぐサッカーを目指して選手を集め最後の最後で違う形で試合に臨んでいることから考えても監督が本来目指していたサッカーを自ら否定した形になっています。
結果だけを見ればそのチェンジが成功したかに見えますが、こんなものは進歩でもなんでもないと思います。
ただ一つ、確実に進歩したのは準備段階での調整の成功でしょう。
三重大学だかの先生の指導で高地対策が成功したというのは大いなる進歩で、最後まで走りきった選手たちを見ても準備がうまくいったのは明らかでしょう。

本田選手もなれないフォワードを試合をこなすごとによくなってきたのも日本にとっても、本田選手にとっても良かったことだろうと思います。
ただ、個人的にはもっといいポジションを与えてあげたかったと思います。
このワールドカップでいいプレーをいくつも見せてくれましたが、本田選手の誰もが認めるいいプレーというのはミドルシュートにあるとおもうのですが、ほとんど見ることが出来ませんでした。
サイドにスピードのある選手を入れる形は個人手には大賛成なんですが、これも本番までほとんど練習してこなかった形です。
結果は悪くなかったですが、こういうぶっつけ本番では選手が気の毒です。
それまで長いこと練習してきたことの意味がなくなり、結果が悪くなかったことで結果的に試合に出ることがなかった選手もいるでしょう。。。。

岡田監督は結果的には今まで批判してきてごめんなさいというようなマスコミ的な風潮に褒められてしまうでしょうが、本番までの準備が全く出来なかった監督だということも頭に入れて判断して欲しいと思うのです。
出場が決まってから、本番まで全く違うサッカーをやってきてたわけです。
言い換えれば出場が決まってから本番までほとんどを無駄にしてきたのです。
本田が1トップの形の練習は30分しか出来なかったと言う話もあります。
これでよかったと言うのは結果だけで、ワールドカップ本番までの練習が岡田監督にとってなんだったかマスコミは岡田監督に聞く必要があるはずです。
そのことを抜きにして、岡田監督を褒め称えるなんておいらには全く出来ない。
逆にベスト16で負けたのは岡田監督が本番直前までそういう練習をしてこなかったせいかもしれません。

選手は本当に良くやったと思います。
決勝トーナメントに残れるとは思っていなかったおいらは選手には謝らねばなりません。
いい準備ができたことで最後まで走れることが出来たことが大きいと思います。

ベスト8には残れなかったですが、ここまで頑張ったことを称えたいと思います。
お疲れ様でした。

岡田監督にはこれを花道に監督を辞めてもらってゆっくりして欲しいところです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック