| Admin |
あらあら!W杯で判定ミスが連発じゃん
2010年06月28日 (月) | 編集 |
イングランドVSドイツでは、明らかにゴールを割っているものがノーゴールと判定され前半を2-2で終わるところを2-1で折り返しその後ドイツが追加点を上げてドイツが勝った。
もし、正確な判定がされていれば展開は違っていたかもしれない。

そして、いまメキシコVSアルゼンチンでも明らかなオフサイドがゴールと判定された。
試合はまだ前半の途中だが、アルゼンチンほどの技術があるチームがボールを回し始めたらメキシコが追いつくのは容易ではない。

と、書いている間に追加点が入ってしまった。

本来メキシコはアルゼンチンが点を取りにくる裏をついて得点を狙うことも頭にあったはずだ。
それが、ミスの判定でプランが狂ってしまったのではないだろうか。

2点目も入ってしまえばアルゼンチンは無理にゴールを狙う必要はなくなってしまったわけだ。
ゴールが狙えなければ回して時間を使えばいいわけだ。
更に、リードしている余裕からシュートなども力まずに打てるはずである。

この試合の結果はまだまだわからないが、面白いと思っていたカードだけに(イングランドVSドイツも)判定ミスは大いに問題だと思う。

今年は予選の段階からフランスのアンリのハンドからの得点がワールドカップの出場がかかった試合ででて話題を呼んだわけで、本戦でも大きなジャッジミスがベスト8をかけた試合で続けて出るのはあまりに残念だ。
VTRの判定も検討された時期も合ったが、サッカーはあくまで主審の判断に任せるということでVTRは使われないわけだが、今日の2試合で再び検討されることは間違いないと思われる。

それにしても残念だ。
確かに強いと思われるチームが勝つ又は勝ちそうではあるのだが。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ニュース記事に対するもので肉眼で判定しているので誤審は仕方がないと思うというものがありました。
その通りだと思います。
しかしこういう大きな大会で誤審はないほうがいいに決まっているわけで、昔なら仕方がないとあきらめるしかなかったですが今は審判がインカムまでしております。
第5の審判を置いてVTR判定を即座に見れば大きな誤審は防げると思います。
エリア内でのハンドなどの反則や、ゴールを割ったかどうか、また得点に絡んだオフサイドの判定はVTRを使ってもいいと思いますね。
TVで見ていてもVTRでオフサイドかどうかなどはすぐに再生されているではないですか。
審判がインカムをしているのであれば時間をかけずに正しい判定が下せるはずです。
2010/06/28(月) 05:02:04 | URL | おっちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック