| Admin |
日本VSカメルーン戦 前半 これでいいのか??
2010年06月15日 (火) | 編集 |
点が入ってしまった。。。。。

しかし、運がいいということだろう。

カメルーンが先発でソングを使ってこなかった幸運があると思う。
なんせ中盤が全く作れていないカメルーンに守備の負担も少なく、エトーも存在が霞んでいるからだ。

日本は守備の意識は高いように思う。
無駄なファールも少なく、いい形は出来ている。

個人的にはこのフォーメーションは理解できない。
本田の1トップといわれるが おいらから見ればFW不在のフォーメーションでしかない。
本田は裏を取る動きになれておらず松井。大久保のサイドがボールを持ったときに相手ディフェンダーの裏にでる脅威を与えられないと思っている。
松井がボールを持ったときに裏に出る動きがもっと欲しいと思える形が何度かあったように思えるが裏に出すチャンスはなかった。本田にそういう動きが見えなかったからだろう。
岡崎当たりであればもっと違う展開が期待できると思った。

そして、中沢、トゥーリオから前線の松井、大久保を狙ったパスが多い気がする。
現状、ハッキリ言って勝負できているところだ。
ただ、高地ということでボールが伸びるのがわかっており 本来短いパスを繋ぐ形が出来るのに出ている選手がゲームを作りなれていないためサイドに起点をつくるのに最終ラインからのパスが目立つように思う。

結果からいえばうまくいってしまったということなんだろう。
カメルーンには相性が悪くないこと。そしてソング選手がでないことでカメルーンの中盤が作れていないことなど日本にとっての幸運が続いていると思う。

本田選手の得点はポジショニングがあの場面でよかったこととトラップがシッカリ足元にできたことが幸運だろう。長いキックのトラップに苦労していたことは直前の試合を見ていればハッキリわかることだし ワールドカップで試合をしている他国の選手も苦労しているのがわかるので足元に止まったことが彼の運の強さだと思う。

後半のゲーム展開については予断を許さないが、これまでの経験で後半に足が止まることが多かったことから有効的な選手交代と強い意志を期待したい。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック