| Admin |
岡田監督の迷走!?
2010年06月10日 (木) | 編集 |
練習試合で本田のワントップですか?

焼きが回ったとしか言いようがない。

先発メンバーで見ればワントップにするとすれば大久保だろう。
本田はトップ下で使うべきだろう。
岡田監督の采配が理解できない。。。。。

フォワードで使えば多少守備の意識が薄くてもとでも思ったか。
もしくは得点力に期待したのであろうか?
そもそも本田の本来の武器はなんなのかわかっているのだろうか。。。。

おいらは距離のあるFKやミドルシュートにこそ本田の一番の武器に思えるのだが。

距離にないFKは俊輔や遠藤のほうがいい。

本田は足が速いわけでも動き出しが早いわけでもない。
FWに向いた動きが出来るわけではないのだ。

大久保は早い動き出しが出来る選手である。
(大久保を使い続ける理由がおいらにはまず理解できないのだが。。。それはおいといて)

岡田監督の頭の中にはもはや守備的布陣しか頭にないのであろう。

その中でもっとも守備に向いていないのが本田であり、本田を生かすポジションとしてFWという結論になったとしか思えない。

もし、守備的に行きたいのであれば本田をはずして守備がキッチリできる選手を入れればいいのである。
本田を使わなければならない理由はないはずだ。
それでも本田を使いたいというのであれば違うポジションで使うべきだろう。

長谷部をトップ下で使ってみたり、岡田監督の迷走ぶりは後々語り草になってもおかしくはないと思われる。

元々、岡田監督はトゥーリオが出れないときに専門の岩政を使わずに阿部を使いたがったという前例がありポジションにこだわらない部分があると思われる。
おいらは、Jのチームであるならばユーティリティープレーヤーは長方すると思うが各チームから選抜できる代表では専門職の人間を使うべきだと常々おもっていた。

長期間のワールドカップで事前に登録した選手しか使えない本番では阿部のような存在は心強いとは思うが、メンバーの入れ替えが効くときでさえ阿部をつかってきた監督だ。
ボランチとしては優秀だと思うが、センターバックで優秀かどうかは別問題だと思う。
こなせるだけではダメだと思う。

基本的に岡田監督のスタイルがポジションにこだわらずに好きな選手を使うというものなのだろう。
これでは勝てないと思う。
アジアでは勝てたとしてもです。

もはや本番でFWがいなくても不思議ではないレベルまできてしまったわけですね。。
TVは見ますが、更に勝てそうもなくなってきた気がします。
選手が悪いんじゃない、監督が悪いんだ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック