| Admin |
民主党政権って表と裏を使いこなしているんでないかい?
2010年06月09日 (水) | 編集 |
事務所費問題がでてきた菅内閣。
荒井国家戦略相の事務所費が虚偽報告の疑いが指摘されたようですね。

民主党政権は、「企業・団体献金の禁止」を マニフェストに掲げるつもりのようだが、その裏では政治団体からの献金はこれに当たらないという考えがあるようだ。
現に今の閣僚のほとんどが献金を受けているようですね。

ちなみに政治資金規正法がざる法といわれているが、ここでも政治団体は別として抜け道を準備しているかのようであります。
野党で追求するときは強気だが、守る側になれば誰の目にも明らかなざる法でごまかそうとしているようです。

鳩山政権発足時に菅総理はあれだけ官僚をボロクソに言っていたが総理就任時の会見では官僚はその道のプロ。うまく使っていきますと言っていたそうですが、 果たしてうまくいくのだろうか?

自民党の元総理経験者からは 北朝鮮による拉致事件の実行犯とされる辛光洙容疑者の釈放運動に 菅氏が携わったとし菅政権は今までにない極左政権だと非難されておりますね。
菅総理はかつて国歌・国旗法の成立を目指した際 反対の最先端に立った人物が総理大臣になったということのようです。

こういう過程を知っているのかどうか 世間では菅政権発足に合わせて総理に一番ふさわしい人物の一位に挙げられる様になっています。

グリーンイノベーション、ライフイノベーションで(横文字で意味がイマイチわからないのだが)景気回復をといっておられるのですが、グリーンイノベーションで雇用がどう生まれるのでしょう?
環境問題の専門家ってことでしょうか?
はたして大きな雇用を生むのでしょうか?おいらには理解できません。

事業仕分けで無駄をなくす形を見せつつ 一方ではバラマキじゃないかと思えることをしているわけですよ。
記事の中には菅総理という人はケチだから無駄を出さないだろうという人がいたみたいだが、民主党内部の意見はもはや信用ならない。
他人に厳しく身内に甘い政権の姿勢をずっと見せられ続けてきたわけだからね。

先に書いた荒井国家戦略相のことにしても釈明は党が精査したということでしたようだが、そのときに領収書は開示しなかったらしい。。。言葉だけを信じろということか。。。いつもの民主党だねぇ。。。

北教組の違法献金問題で話題の小林議員も辞めるには辞めるようだが、相変わらず小沢氏や鳩山氏の動向に影響を与えないように様子を見ているかのような状況に変わりはない。
小沢氏の国会招致の話も進展していない。

クリーンな政治を訴えた側からでてきた不正事務所費問題。。
早くもボロがでてきたのかもしれない。。。。。。

イメージだけで民主党が変わると考えるようなことがないように注意深く見つめる必要があると思います。
参議院選挙が終わって9月には民主党代表選挙がきます。

そのとき小沢氏は代表選挙で出てくるようなことがあれば(小沢氏の勢力が民主党で圧倒的に数が多い現実があります)参議院でまたしても民主党が過半数を維持してしまったとしたら 次の選挙まで民主党のやりたい放題になります。
自民党時代、政権末期までは圧倒的な数をもっていようと強行採決なんてものはほとんどなかったのです。
それが、いまでは当然のように強行採決しています。
民主党内でも郵政問題では反対という声もある中、ほとんど審議されずに衆議院は通過させてしまった。
こんなことがいつでもやりたい放題なんですよね。

ぜひ、参議院では民主党に第1党を退いてもらって正常な審議というものをしてもらえるようにしなければならんばいと思います。
審議しなければ国民には詳しい内容なんか知らされることもないと思いますよ。


国歌・国旗法に反対したことの理由を教えて欲しい。
北朝鮮の実行犯の釈放を訴えた理由を教えて欲しい。
それを聞かないことには菅内閣の本当に向かうところが見えてこないように思うわけです。

それにしても、鳩山政権にしたって菅政権にしたって民主党政権だよ?
なんでこんなに支持率が上がるの?
理解できない。。。。総理の言葉だけで何でも決まっていたわけじゃないと思うのだが。。。
小沢氏が幹事長でなくなったら民主党がやろうとしてきたこと やろうとしていることがそんなに変わるとでも思うのでしょうか?
かわりませんよ、マニフェストってそんなものじゃないでしょう。

まぁ、これから時間がたてばたつだけボロが出てくると思います。

菅政権は とりあえず参議院選挙対策内閣であるということを忘れてはいけないはずです。
しばらくは国民受けがいいことをやるのは当たり前だと思うのですが、騙されませんように。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック