| Admin |
鳩山首相辞任かぁ
2010年06月02日 (水) | 編集 |
改めて自分たちの主張が嘘だらけを晒したことになるね。
やめて欲しかったことは事実だが。

総理大臣が短命であることを批判し、選挙目的の首の挿げ替えも批判していた民主党であるが結果的に自民党と同じことをやっている。

今後の動きとしてまだどうなっていくかは不透明ですが、民主党は総理が代わるときに国民の信任を得ていないと主張して解散総選挙を求めてきたはずだが、自分たちが政権党になっている今 はたしてどうするのであろうか。
たぶん、衆議院の解散はしないだろうと思う。
やれば衆議院の議席も大幅に減るであろうからですね。

民主党議員の中には小沢氏が幹事長を辞職することから総理になって欲しいという話しをする人もいるようだが、それでは選挙は戦えないだろうから実現は難しいと思うし、小沢氏も過去の様子から総理の座が欲しいというよりは権力の中枢にいることにこだわっているように思う。
しかし、新しい総理が誰になるかでまだいろいろな状況が考えられると思う。
管直人氏はすでに立候補を決めたようだし、岡田大臣も多分立候補するだろう。
前原氏は微妙な気がする。
空気を読めば次の総理の背負うものは大きいわけで空気が読めない人のほうがこういうときは強いのかもしれないねぇ。

おいら個人の感想だが、管氏は言いたいことは言っているがその内容はどうにも薄っぺらい気がする。
成長戦略についてあちこちで討論番組などにでていたが、クリーンエネルギーなど民主党の掲げたものをただただ主張するだけで じゃあ具体的にどうやっていくのかと聞かれれば成長戦略を繰り返すことしかできなかった。どう成長戦略を実現させていくのかの具体案がそのときになかったということを露呈するだけだったわけです。
もしくは日頃批判している官僚がその中身を議論していたかもしれないが、管氏の耳に入ってきてなかったということだろう。
成長戦略を官僚の力なしで作り上げることは難しいと思うが、あれだけこき下ろしていれば反発を食うのも当たり前でたとえ総理になったとしてもうまくいくとも思えない。

では岡田氏はどうかというと、普天間の問題でも岡田氏本人は元々沖縄しかないと思っていたとしても鳩山総理に対してその意見を堂々と主張できなかったこと、またへのこに決まった後、地元市長を批判するような発言をしていることなど この人も空気は読めない人だと思う。
更に、岡田氏については領土問題などでも日本の国益を考えているとも思えない思想があるようでその発言には大いに疑問を感じるし、天皇陛下などに対する考え方にもこの人を応援する気にはなれない。

総理が辞任ということで閣僚の人事も変わるかもしれないわけで、この際多くの大臣にやめていただきたい。
農水大臣もそうだし、できれば厚生労働大臣も変えていただきたいように思う。
長妻大臣は年金担当だけしかどうやら能力がないような感じですね。
(年金担当も本当に適任かというと。。。。)

ネットのニュースでは保育所の子供を寝かすのに布団などしかずに直接床に寝かせればいい などと発言したと報じられるなど多くの問題があると思う。
いざ大臣になってみたら年金以外にもやることが多く手に余るというのが実情のように思えてならない。

残していいとおもわれるのは枝野氏ぐらいだが、あの方も考え方は好きではないがとりあえず今やっていることだけは評価できるからねぇ。
正し、レンホウ議員が不満を漏らしたようだが いままで事業仕分けでやってきたことをフォローする動きが民主党内にないといっていたわけで 今のままでは単に人気取りのパフォーマンスだけなわけでレンホウ議員が言っていることはまさにそれを証明していると思う。

事業仕分けについたは政権もマスコミもその後についての報告がほとんどなく無駄を指摘するだけでなくどうなったかについてもっと報道するべきである。
郵政の問題についても昨日報道ステーションでも放送されていたと思うが、今回の郵政法案が成立すると利権の確保などが多く出来てくることなど伝えていたわけで 一方で仕分けしておきながら一方では利権構造を作っているようなものなわけです。

小沢氏の今後の影響力などもどうなるかわからない状況で、できるならば解散総選挙にしてくれないかなぁ。。


新しい総理が誰になるかわかりませんが、おいらには民主党に総理にふさわしい人間がいるとは思えません。

総理大臣は国民が選ぶことが出来ないわけで(政権党が選ぶわけですよね)どうにもなりませんよね。

ぉぃぉぃ、田中真紀子の名前もでているのか。。。。
どこまで人気取りで行く気なんだろう。

総選挙するべし!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック