| Admin |
岡田監督のコメント他。。
2010年05月31日 (月) | 編集 |
もう少しボールを動かせたら。。ちょっと脚が止まってしまった。
というコメントがあったようです。

そういうときに選手を変えるなどするのが監督のっ仕事ではないのかしら。
少なくても足が止まってることを選手に指摘して買えるように努めるのは監督の仕事だろう。

犬飼会長も調子は上向きで期待が持てるというようなコメントをしているようですね。
マスコミも惜敗などと書いている。

これじゃあダメなんだと思うんだけどなぁ。

今年に入ってからいい試合が一つもないのだから、その中では結果的にいい試合に見えてしまうのだろう。

後半はほぼ一方的に押し込まれていた。
前半がイングランドらしくんかったから善戦に見えるのだろうが、目だったのは川島と長友ぐらいだ。
まぁトゥーリオも目立っていたといえば目立っていたが。

とりあえず阿部が入ったことで守備は少し安定感が増したのは確かだろう。
シュートを打たれる場面でもコースにはいってブロックしていたのが多かったし、囲んでボールを取りに行く場面が増えていた。

だが、やはりボールがうまくつなげない。
前半は何度も言うように度外視しなければいけないわけで、後半は自軍では多少回せるが相手のゴールに近い場所ではやはり横と後ろにしかボールは回らない。
数少ないそういった場面でもう少し早い段階で中に入れるなどしないと決してチャンスは生まれないはずだ。
ゴールに近い場所にボールを放り込めば相手のミスだってないとはいえない。
ゴールが近づいてボールを中に入れるチャンスがあっても放り込まずにパスを回す場面は何度見ていても歯がゆいものです。
もっとも、スローインから中に入れた場面では森本しかおらずにその森本を超えていったボールはそのまま相手のボールになってしまったこともあるわけで、中に入れるにしても数少ないチャンスならばせめている人間にあわせる技術も必要だろう。

結果的に相手の得点がオウンゴールの2点であり、両方とも触らなければ点が入っていなかったかもしれないが今の時点であったことだけは幸運なんだろうね。
ほんの数センチの差がオウンゴールになったわけだから、今それを知っておける点だけは幸運というわけだ。
まぁ攻めた守備といえるだろうが、トゥーリオ君はそのうち代表戦のオウンゴール記録をつくらないでくれよと思ってしまうw。いま2点目だっけか。。。。

個人的にはマスコミには後半の失点(オウンゴールだとしても)とポゼッションで相手に圧倒されてしまったという事実について根本的に問題視して欲しいところだ。
いままでのパターンとなんら変わっていない点をですね。
それがそポー都ニュースなどでは前半リードの逆転負けで善戦という記事になるのだから意識が低いと思ってしまうわけです。

同様に岡田監督は少なくてもおいらよりはサッカーに精通しているはずで自分でも運動量が落ちたとわかっていながら修正できなかったことをもっと重大に捉えてほしいのですが。。。。。

本田選手も もっと危機感を持ってと言っておりますが それはその通りなんですが あの場所の壁で手だけはだすなよと。
仮にFKで点を取られるとしても、あそこで手を出してカードを貰い更にPKで点を取られたとすれば素直にFKを決められたほうがよっぽどましである。
PKでキーパーが止める確立よりFKが入らない確立のほうがよっぽど低い上にカードを貰わずに済むはずだ。
(今回カードが出たかは知りませんが、本戦でやればカードがでるのではと思っております)

それにしても速攻のないチームですよね。
こんな戦術ではたとえ松井などがそのポテンシャルを期待されて出場したとしても相手が引いた状態では彼の個性は生きないと思うし、そもそも遅攻担った場面で日本が書く上相手に点が取れる場面が想像できないんですけど。
得点になったのはセットプレーのコーナーキックで意表をついた形で、本来ならここで出すべきものではなくオランダ戦かデンマーク戦で使うべきでわざわざワールドカップ前に出すべきではないとも思うのだが。

こういうところも戦略がないというか正直すぎるところだろうと思う。

トゥーリオのコメントのいろいろな意味で目立っちゃって。。でも楽しめましたという言葉には よかったですねと言っておこう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック