| Admin |
イングランド戦。。。。
2010年05月30日 (日) | 編集 |
善戦はしたといえるのだろうか?

おいらにはまったく変わった様子が見えないんだが。

前半はイングランドの動きが悪すぎただけだろう。

後半は案の定押し込まれて厳しいボールに対してオウンゴールが2つ。
前半の得点と合わせてトゥーリオが2ゴール。
中沢が1ゴールということになる。

いくら点が取れないからといって自分のゴールに2点はないだろう。

まぁそんなことよりも、ワールドカップ直前の強豪チームに善戦するのはなんとなく毎度毎度のことのように思うのだが、案の定後半息切れというか広範に点を取られて?負けてしまった。

何回同じ戦い方というかやられ方をするのだろう。
相手が競合といえど ここで点をやらないサッカーができなければベスト4はおろかグループリーグも勝ち抜けないと思いますよ。

少なくとも、交代枠6がある中で押し込まれ続けているのに交代を使わないというのも問題のように思う。
おいらは岡田監督の選手交代に義オ門を感じるのはそういうところだなぁ。
(まぁ本番を想定して3人までの戦いをしたかったのかもしれないが、個人的には勝ちにこだわるべきだと思うし勝ち点を想定するなら引き分けに持っていくべきだろう)

それと、本田にこだわるのはなんだ?
明らかにパフォーマンスは悪いとおもえたのだが。。。。
トラップが大きい。(雨でやりにくかったのはわかるが)
前に出すパスがほとんど見えなかった。
あげくに壁で手を出しPKですよ。
おいらなら変えている。

大久保選手はよくやっているように見える。
しかし、実際は相手に体を寄せられればほとんどキープできていない。
ファールを貰おうとするのが見え見えになり倒れても無視されるようになってしまう。
これは今日だけではないと思う。
日本ではキープできるが体の大きい相手には通用していないと思うのだが。。。
(ボールを受けて前に出ようとするところまでは評価できるとは思うのだが。。。)

川島はよかったですねぇ。
楢崎は嫌いではないが、きょうの川島をみてしまうと本番もお願いしたくなる。
(川口は好きではありません!ハイボールに明らかに弱い。時々神にはなるが。)

トゥーリオのロングボールでいいパスがちょっとだけありましたね。
(半分以上はなんでそんなパスだすんだってやつですが)
今日の布陣では おいらにはそういうボールを阿部にだしてもらいたいのですけどね。
阿部って選手はジェフにいたころはパスにFKにいいものがあったと思うのですが、浦和に移りそういった点が消されていっているように思えて残念でならない。
守備にもいいものがあるので代表に呼ばれて使われているのだが、センターバックなどで使われる選手ではないと思う。
個人的には昔の阿部選手のスタイルで使われるべきだと思うのだが。。。。
もっとも、ボランチってことになるとパスを回せる遠藤、攻守に安定している長谷部、稲本などライバルも大勢いるのですが やはり阿部のポジションはときかれればボランチでしょう。
きょうは遠藤が少し前目でプレーすることが早い時間できたのも阿部が入ったおかげでしょうし そうした動きができるのが本来の遠藤のプレーだと思えるので阿部をこういう使い方でだすことにはいいことだと思う。

個人的には出来が良くないと思えた本田に代わって憲剛が入っていればもう少し面白いことが出来たのではと思う。攻撃的センスというのならおいらには憲剛のほうが評価できる。
個人の決定力という部分では本田が勝っているかもしれないが、さすがに今日のような展開、コンディションではいいところがなかったと思える。

とにかく前半は日本の中盤に対しイングランドのチェックがゆるくボールを回すことが出来たわけで、正直これなら韓国のほうが強いと思えたぐらいです。

イングランドもさすがに本番ではもうちょっとパフォーマンスを上げてくると思いますが、ブラジルなどもそうですが本当に強いチームのピークは決勝トーナメントにいってからですからね。

次はコートジボアール戦ですか。
韓国は圧勝してましたが、どうでしょうねぇ。
コートジボアール自体も調子はあげてくるだろうし、日本のディフェンダー陣の失点続きはまだ収まっていないわけですから厳しい結果になるかもしれませんね。

それにしても、高地合宿を張っているわけですが懸念していた後半の失点についてまったく解消されていません。まだ日にちはあるのでしょうがもっと単純に走りこみをするなど肉体的パフォーマンスの向上を期待したいですね。
このままでは相手の不調に頼るしかありません。
できれば中盤の脚が後半に入って止まるようであれば早い時間に選手交代で最終ラインに負担がかかる前に対処するよう岡田監督にはお願いしたいです。
たとえ、俊輔であろうと本田であろうとです。

いまはただただ高地トレーニングの効果が本番でうまく出るように祈っております。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック