| Admin |
民主党の人間って。。。。
2010年05月27日 (木) | 編集 |
今日のニュースで岡田大臣が宜野湾市長の県内移設反対に納得できない というものがあった。

外務大臣は、われわれは沖縄の負担軽減に努力している、あくまで県内移設は反対というのは納得できないということらしい。

他方では、閣僚の中で福島氏のへのこ反対でサインしないということに対し、3党合意は沖縄の負担軽減であり県外ということではないなどという発言をした人もいたようです。

総理はといえば個人の発言として県外といったのであって党の公約ではないなどということまでいっていた。

馬鹿かと。。。。

党のトップの発言が個人の発言ですって?、何度同じことをいったんでしょうねぇ。
総理になってもいってませんでしたか?
総理が公にむけて発言したことが個人の発言ですでとおりますか?

民主党として最低でも県外といってきたのではないのでしょうか?
自分たちが出来ませんでしたとして、それを飲めない市長は理解できないというのはどうゆうことでしょうか?
民主党が最低でも県外といったことで沖縄では民主党勢力が勝ったのではないのですか?
自民党の案で決着していたものを蒸し返したのに、また沖縄で納得しろとおしつけるのでしょうか。

3党合意は沖縄の負担軽減で合意というが世間ではあくまで県外が一般的な認識なはずです。
ことこれに関して言えば福島氏のほうが筋が通っています。

どこまで自分たちに都合よくことを考えているのか、、、、
政権党がいうんだから従え!的な発言が多く、国民を馬鹿にさえしているように聞こえてしまいます。

方針を曲げたのは自分たちであり、理解してもらうのに努力するのは当たり前だろうとおもうのですが、岡田大臣の発言は上から目線であり言葉の選択が違うように思います。

ほかにも中井長官や赤松農水大臣の発言などもちょっと理解できないものがあり、国を預かる方々の発言とは思えないものがあります。

自民党と違うといいつつ、一部では自民党より酷いと思える発言があり民主党を支持した人たちを落胆させているということをもっと理解しなければならないと思います。

民主党がマスコミで批判され続けているから支持率が下がっているという声が聞こえてきますが、はたしてそうでしょうか?
自民党政権時、まったく同じようなことが自民党に起こっていませんでしたか?
麻生総理の発言で読み間違えただけで大きな話題にさえなっていたではないのでしょうか?
民主党もそれを煽っていたのではなかったでしょうか?

立場がかわってるんです。
過去に自分たちがやってきたことが今自分たちに帰ってきているのをただマスコミのせいにしているのは知性が足らないということでしかないように思います。
そう思いたいだけでしょう。

支持率が下がっているのは衆議院選挙で支持した人の期待を裏切り続けていることへの結果です。
マスコミのネガキャンのせいにしたところで結果はシッカリでてくるでしょう。

どこまで都合のいい人たちなんだろうか、政治家という人たちは。。。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック