| Admin |
再び不起訴相当だが
2010年05月22日 (土) | 編集 |
TVの解説者などは小澤氏の起訴相当の検察審査会の判断に全員一致は何か怖いというような発言をしていましたねぇ。

こういった発言を聞くと どうしてそう考えるのか良くわからない。

おいらが起訴相当と思うのは、秘書が略式であれなんであれ政治資金規正法違反で起訴されているという事実があるからでありトップの判断なしにできるものではないと思うからですね。

しかし、そういった起訴相当に違和感を唱える解説者(評論家)は、トップの判断なしにやっていることがありえないという考えに対しそういう一方的な考えに偏るのがおかしいといっている。

政治家という職業がどういうものか、政治家の団体がどういうものかおいらは知らないが少なくても普通のサラリーマンでは自分の裁量にあった金額しか動かすことは出来ないはずなのです。
政治家の秘書であれば億のお金を自由に動かせるという判断は一般的には理解ができないのですよ。

確かに、記載日がずれているということだけかもしれませんが じゃあこれが自民党政権時代なら自民党の議員に対して民主党の主張はどうだっただろうと考えて見て欲しいと思うのです。

秘書がやったことは議員の責任と公言してはいなかったでしょうか?
議員が知らないはずはないと言ってませんでしたか?

なぜ民主党にはこういった解説者(評論家)は甘いことを言うのかわかりませんね。
2ちゃんねるなどでは小澤氏の団体がこういった評論家などに講演依頼などしていたりなんらかの関係で金銭的関係があるようにも報じられたりしております。

にわかには信じられないのですが、こういった評論家の方々の発言を聞いていると あながち。。。と思わせるものがあります。
自民党政権時と違った反応を見せるからですね。
それは民主党政権が掲げる目標がそれらの人を刺激する部分があって まだ期待したいという思いなのかもしれないし単に 今回の容疑の内容と証拠に対して犯罪を裏付けるものが出なかったことへの検察の判断に異議を唱える一般人が多いのが不思議だといっているだけかもしれないのだが。。。一般的な考えが通用しない世界ということへの理解度の差を評論家自体がわかっていない もしくは それだけ小澤氏の防御が硬いと確信しているということなのかと思う。

ニュースではこの検察審査会の起訴相当の判決以外にも別件で審査が進んでいるという話もあるようです。

つまり他でも同様な疑惑がいくつもあるということだし、先の議員の資産報告などでも小澤氏にそれだけの財産は報告されていないわけで 何のための資産報告だか。。。実態が伴っていない報告などいみがあるのだろうかと思うわけです。

多くの不動産の取得、へのこに土地を買ったという事実。などなど。。。

しかも、小澤氏のハンコも使っているのに。。。知らなかったが通ることが不思議です。
検察はそれが関与したという決定的な証拠にはならないとするわけだが(仕方がないかもしれない)評論家がそれを支持するような発言をしているようでは政治家が綺麗になるはずはないと おいらは思う。

もう一度、検察審査会が開かれるわけだが おいらなら有罪は勝ち取れないでももう一度起訴相当だと思う。
一般人に審査を求めている以上、一般的でない事柄を認めるわけにはいかないということだと思うのです。

どう考えるかは人それぞれだが、ニュースなどでそういった発言をするのは おいらがここで書いていることとはわけが違うのではないだろうか?
一般人の判断がおかしいとTVでいうのならそもそもこの審査会の意義にも問題があるということだろう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック