| Admin |
政治の世界はわからん・・・
2010年04月26日 (月) | 編集 |
名古屋市長の河村氏が地域政党を立ち上げたそうな。。。。
その名も減税日本。

ニュースによれば橋下知事も連携をとか書いている。

おいらは河村氏のことは評価できない。
地方としてできることと言うことで減税という手段を打ち出しているのかもしれないが、個人的には預かった税金をどう有効に使うかということをまず考えてからだと思っている。
医療や保育の問題などは名古屋にはないのだろうか?
そういったことを後回しにして減税減税というのは地方を預かるものとしていかがなものかと思う。
そういった地域の問題がないというのであれば、減税と言うこともいいのかもしれないが 以前氏がTVに出ていた際に減税すればいいということしか言わなかったのが気になって仕方がない。
おいらには人気取りにしか思えないのである。

しかも、選挙では所属政党の民主党を応援するということのようだ。
小沢氏なども選挙で勝つためにはなんでもうまいことを言ってきているが同じではないかと思う。
河村氏はとりあえず公約違反はしていないようだが、今の民主党を応援すると言うだけで考え方に一貫性があるともいえないと思うわけです。
地域を預かっている人間が、いまの国政に満足しているはずもないし 何を評価して民主党を応援するというのだろう。

その河村氏の地域政党と連携と言う橋下氏にもガッカリである。


橋下知事の事で言えば先日前原大臣と関西空港の件で会い、伊丹と関空の統合会社を設立いずれは民間に売却などと言う話で合意したようだが、そんな話がうまくいくとはおいらには思えないのだが。。。。
その売却益を関空の負債の補填に使うという話は確かに美味しい話ではあるかもしれないが売却費が8000億円とかいっていた様だが誰が買うんだろう?
まぁ政治家にはわかるのかもしれないが。。。。

それにしても、いまの自民党の動きもよくわからない。
自民党がずっと政権党でいられたのは自民党の支持層があってのことだと思うのだが、分裂してしまった場合に出て行った人は少数政党になってしまうわけで、支持層も無党派層に頼ることになるのであろうと思うのだが、それで自民支持層のいくばくかを取り込んだとして民主党に野党が勝てると踏んでのことなんだろうか?

出て行った人たちも 今のままでは日本がだめになるという思いなのだろうが、それぞれで好き勝手している場合かどうか考える必要があったはずだと思いますね。

本当であれば、一番まとまっていないのが民主党だと思うのだが、与党という絆だけで持ってしまっているのが情けないように思う。
やること一つ一つに内部から異論がでているのではないのでしょうか?

それを崩せない野党も大いにもんだいではあるが。

それにしても、いまの新党ラッシュでほくそえんでいるのは小沢氏なんだろうなぁと思うと 選挙に行くのが嫌になりそうですね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック