| Admin |
またマニフェスト選挙ですか?
2010年04月24日 (土) | 編集 |
参議院選挙に向け、民主党はまたマニフェストの作成をしているような。。
記事では公務員庁を作るとかマニフェストにいれるとか書いてあった。

一方で、先ほどブログでとりあげた子供手当ての全額支給を見直すことも検討するなどといったニュースもでてきているようですね。

マニフェスト選挙って おいらには害しか見えてないんだが、こんなことやっていていいんだろうか?

政党が複数の公約をしているのがマニフェストってことなんだろうが、前にも書いているがこれには賛成、これは反対ってのがあるわけで選挙ってのはひっくるめて判断しろってことですよね。
それでも政権党がシッカリ議論してやってくれるんならいいけど、民主党みたいに国民がわれわれを選んだ。
われわれの言葉が国民の声だ!見たいに言ってすき放題やるってのはどうなんだろう。
マニフェストに入っていないことも国民の声といってやりたい放題。
肝心のマニフェストで言っていたことは参議院選挙に関わることは穴だらけでも無理して法案は通すけれど、高速道路の無料化や普天間問題などは嘘だらけと言うことになりそうであります。

マニフェストをいくつも掲げるということは議論すべき問題がたくさんあるということで 本来それぞれ議論するべきはずです。
マニフェスト選挙にしてしまうと、勝った政党はすべて支持されたと勘違いもしくは勝手にそう解釈してしまうわけでしょう?(民主党を見ているとそういうことだと思う)

こういう現状でもマニフェスト選挙をやる意味ってあるんだろうかと思うなぁ。

マニフェストでいくらいいことを書いたって嘘じゃ仕方がないじゃないか。
衆議院で三分の二以上持てば好き勝手できることを改めないと 議論することさえ与党は拒否してしまっている現状を変えないと 今のままでは日本はダメになってしまう。

本来マニフェストってのはその政党の基本的考えを示すはずのもので、そのまま法案で通してしまっていいものということではないはずだと思うのだが。
それもこれも三分の二の議席数というものが数の力でおかしくしてしまっているということだろう。
小泉政権時依頼、衆議院の議席数が圧倒的与党の形になっていることが不自然で議会政治という本来の姿をいびつにしてしまっていると思う。
参議院の存在価値をなくしているのもこの制度だし、この状態でのマニフェスト選挙は危険だろう。

まぁいまの衆議院の勢力のままで、民主党が勝ってもらっては困るし 負けたとしても民主党からすればどうということもないのだろう。
むしろ、負けるはずなのだが 自民党が勝手に分裂し勢力を弱めていっているわけで民主党が過半数を取らなくても最大勢力でい続けることには変わりはなさそうである。

自民党は、旧来の自民党の親分衆は残ってはいるが、新党を造って出て行った人たちが抜けたことで若手が活動しやすくなり自民党が変わるキッカケになればそれはそれでいいのかもしれない。
おしむらくは、親分衆が居座っていることですかね。若手の影になってやってくれればいいのですが。。。

衆参同時選挙希望です。
今を打開するのはそれしかありませんね。(期待は限りなく薄いです)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック