| Admin |
鳩山総理はブレてない!?
2010年04月22日 (木) | 編集 |
高速道路の料金の見直しを小沢幹事長が持ち込んだことで、総理はそれを受け見直しを考える方向性を打ち出し
前原大臣がそれについて見直しはしないという話しが出ておりますね。

もっとも前原大臣の話しは法案は提出されているのだから そこで議論され変更担っていく部分は仕方がないという言い方のため 国民には小沢発言に反発しているかのようで もしかすると逆らっていないのかもしれませんね。
まぁ、政府に口を出さないと言っていた小沢氏のほうからすれば 本来こういう意見って言うのは政府批判にもとれる微妙な問題のはずなんですが、今の民主党で小沢氏に堂々と逆らう人はいませんよね。


一方で、前原大臣を先頭に法案を作成してきた国土交通省のほうにまったく配慮せず、小沢氏から言われたから(ここ重要)見直しをすぐに決断する鳩山総理はリーダーシップは乏しいけれど、その姿勢は小沢氏の操り人形ということで常に一貫しております。
そういう意味では総理にブレはないと思います。

ただ、1国の総理としてそれでいいかという部分では じゃあ、いままでこの法案に携わってきた人たちのことはどう考えているのか?そして不完全な状況で法案を出してきたことについてどうなのか?ということを考えれば お粗末としか思えません。

民主党の一貫する姿勢で、不完全な形で法案を出してくるということに何度も書いてますが大いに疑問に思いますね。
なぜ、もっと議論し尽くすまで法案をださないということができないのでしょう。
中途半端な形ででてくるものがほとんどです。
そこでシッカリ議論されるのであればいいのですが、この時期に法案を通すという形式が大事なようで(選挙でアピールするためでしょうね)国民のためという気持ちがあるようには思えませんね。

まぁ、小沢氏についても一貫しているのは常に選挙対策で政治をしていると言うことでしょうね。

高速道路の金額制限で不評と見るやすぐさま方向転換をしています。
それもすべて選挙で有利になるようにということでしょう。

政治家は数、数は金という徹底した考えでやってきている人ですから。。。

総理の新年かどうかしりませんが、小沢氏の操り人形でやっていこうという一貫した形はあるように思います。
情けないですけどね。
衆議院選挙の勝利の一番の理由は自民党が勝手にこけたということを頭では感じているのでしょうが、一方で小沢幹事長の手腕を過大評価しているのでしょうね、参議院選挙も小沢幹事長に任せておけば。。。と言う思いが強いのでしょう。
本来、幹事長が任命権など要所の実権は握っているとはいえ、党首の力が肝心だとおもうのですが 鳩山総理は底のところを履き違えているように思います。

2ちゃんねるやニコニコ動画などのアンケートでは民主党の支持率はほぼ一桁という結果が出ているようですが
いまさら、なにをやったってここの数字はほとんど変わらないでしょうね。
世間一般では民主党の動向で支持率が回復したりするかもしれませんがw。

それにしても、先日TVタックルで麻生元総理がゲストできたときに出ていましたが、民主党の発言がいま ほとんどブーメラン状態で自分たちに帰ってきているというようにTVでも言っている状態です。

元秘書の有罪もきまったようですし、そろそろ進退について考えるべきではないのでしょうか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック