| Admin |
タバコについて少し認識を改める!?
2010年03月29日 (月) | 編集 |
先日、タバコの害云々って書きましたが 若干認識を改めます。

コメントに書いてくれた方が、受動喫煙の被害にあって大変な思いをされているということなんです。

喫煙者本人についての立場で考えるなってことが おいらの考えの主題になっていて受動喫煙の方についての視点が少し足りなかった部分があると反省します。

いまはごく少数かもしれませんが 受動喫煙でそういう被害が出る恐れがあるという認識は必要なのかもしれません。

化学物質過敏症ということらしいのですが、こういう被害についてあるということも頭に入れた上で吸うってことになるのかなぁ。
吸わないって選択肢はいまのところないってのがちょっと おいらの度量も狭さかなぁ。

多くの人にとってタバコの害ってのは臭いや煙いの類でしかないんですが、一部の人は現実的に健康被害が出るっていう認識を持っていないといけないってことですね。

それを知ったからといって おいらがすぐにタバコをやめるとは言えないんだけどね^^;。

親戚から前に受動喫煙で肺がんになった人もいるとは聞いたことがありますよ。
しかし、おいらにはタバコだけが原因で。。。ということを証明できるはずはないという思いがあります。

化学物質過敏症という症状について言えば もちろんタバコだけが原因とは言えないと思います。
が、タバコが関係ないとは絶対に言えないし タバコのせいで実際に体調が悪くなるという現実がある限りそのことを忘れてはいけない気がします。

そういったことを踏まえれば もっと積極的に分煙はするべきでしょうね。

法律で禁止しない限り、そういった症状を持つ人がいるということを忘れずに喫煙できるところで吸うということをわれわれ喫煙者は心がけなければいけないでしょう。
公の場所が全面禁煙が推奨されるということもいいでしょう。
できれば、喫煙場所も作ってくださいw。

タバコが麻薬のように依存性が高いということをわかっているのであればなおさらです。
喫煙場所が減れば自然とマナーが悪くなりかねません。
すれない場所だらけになれば依存症という病気だというのであれば 吸いたい衝動がでたときに喫煙場所がなければ違反してでも吸ってしまうのではないのでしょうか?

幸いというか おいらは禁煙を強いられる場所にあまり行かないので(場所によっては5~6時間の禁煙は苦ではないのです)それほど問題はないんですけどね。

自宅でPCの前にいるときはタバコがないと始まらないんですけどね。

とにかく分煙しましょう!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック