| Admin |
タバコについて
2010年03月17日 (水) | 編集 |
財政制度等審議会(財務相の諮問機関)が 税制大綱では、今年10月1日からたばこ1本当たり3・5円値上げすることを決定。健康の観点から税率を引き上げていく方針も明記した。

だって。。。。

健康の観点から税率を引き上げるってなんじゃいw。
こういうのを嘘つきっていうんだよw。

ちなみにですが、JTが煙りのでないタバコを開発したらしい。
東京などで5月から販売開始と書いてあった。
もっと早く出して欲しいものである。
伏流煙がでないということニコチンがまったく含まれないということ、タールは微量はいっているようだが 昨日買った電子タバコより吸いごたえがあるのなら迷わずそれに変えようかと思う。
火も使わないというので 今までの喫煙とは一線を画していると思う。

形式は電子タバコと同じようですね。
本体とカートリッジ2本で300円とのこと。カートリッジ1個で半日から1日程度使えるという。
交換用のカートリッジは4本いりで400円というものでこれだとタバコ代がいままでより安くつきそうだ。

味に期待したい。

ちなみに そういった記事のほかに 長年の喫煙で病気になったとしてJTを3人が訴えていたそうです。
一人は肺がん、2人が肺気腫と言う病気になり すでに一人は亡くなっているとのこと。
判決でJTに違法性はないとでた。
判決の内容については不特定多数が病気になると知りえずなどという言葉が使われており、この言葉自体には異議があるのだが喫煙者がタバコの有害性を知りながら吸っていたくせに販売元を訴えるなどとはアメリカ並みの神経になってきたってことなんだろうか。
情けないものです。

話しは戻りますが、JTの出す煙の出ないタバコは10月からの値上げの対象になるのだろうか?
火も使わず副流煙がでないタバコは周りの人の迷惑に成らないと思うのだが、禁煙場所で吸えるのだろうか?

しっかり確認を取ってみるかしらねw。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
訂正です^^;。
タールが含まれず、ニコチンが微量ですた。
ごめんなさい。
2010/03/17(水) 19:30:38 | URL | おっちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック