| Admin |
やっとニュースにでるようになった漫画・アニメの規制について
2010年03月15日 (月) | 編集 |
漫画家などが都庁の民主党議連に反対意見を伝えに行ったことでやっと話題になったようですね。

2ちゃんねるなどの情報ではバカボンドなどの漫画も規制範囲となっており、青年誌・少年誌など多くの漫画について影響がでるということのようです。
エロの部分だけでなく残虐な表現や闘争心をあおるなどという部分についても書かれており、抽象的な形でしか規制範囲がわからない点など多くの問題が出てくると思う。

東京都の条例なんですが、都での流通がなくなると全国にも大いに影響が出るそうで書店、インターネットなどでの取引もされなくなるとのこと。
すなわち、漫画家・アニメーターの危機でもあり 読者にとって大きな問題になると思うわけです。

ちなみに誰かが問い合わせたそうですが、規制範囲などについてはまだ決まってないそうです。
おかしな話ですがジョ例を作ることが目的のようになっております。
作ってから内容は決めて行くですって。。。おかしいでしょ!

それと青少年の育成に問題だと思うのであれば、まずは出版業界と話し合いはしたのか?と聞きたい。
規制の基準なんて抽象的にしかわからないはずのもので、自分たちで規制する前に業界に自主規制を望まなかったのかと不思議に思うわけです。

一応メールはしておきましたが、もし可決して施行されれば今の連載物について結構な影響がでるでしょうね。
漫画喫茶や書店、古本屋なども巻き込んでの大問題です。

漫画好きの方は こういうわけのわからないやり方(先に作って後で内容を考える、子供手当ても似たようなもの)をする民主党の応援なんかしちゃダメですよw。
条例を作るのが目的で議会にはかり、本来の目的である規制はそのあとで考えるってバカじゃない。
普通ならこういう規制をやりたいからこういう形で施行できる条例を作ろうとするのが自然でしょうが。

まぁ、おいらは基本2次元のエロは好きではないし 年齢的にも成人誌になっても読むのに差し支えはないのですが このことで新しい作品が出来にくくなるなどの影響が出るかもしれないことを考えればじっとしてはいられないわけですね。

残虐性とか闘争心をあおるとかで 戦闘シーンがダメとなればクローズなどの漫画や極端を言えばドラゴンボールだってワンピースだって戦闘シーンがあるわけですよ。
ここまで考えるのはいまのことろ行き過ぎでしょうが、言いがかり的に言えばこの条例に引っかかります。
じゃあ、どこまでが許されどこからがダメって誰が見てもわかる基準が作れるとおもえますか?

とりあえず、個人的には先に条例を作ってしまおうではなくここまで規制したいのでと出版業界と話し合いを先にして
その上で半期純を明確にして条例案を作り直して来い!といいたい。

民主党政権になってでてくるニュース(多くはマスコミが報道したがってないようだが)の数々。
どうにも住みにくい国になってきていると感じずにはいられない。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック