| Admin |
地球温暖化について
2010年03月14日 (日) | 編集 |
そこまで言って委員会で温暖化問題についての話があった。

パネラーには温暖化懐疑派の武田教授、ゲストに温暖化をうたう明日香教授が出演。

個人的な意見だが、明日香教授 どうにも胡散臭いw。

おおいにオタクを連想させる。

武田教授の質問に異論を唱える。

データはあると言う。

あるのだろう、多分。
ただ、そのデータが正しいと証明できるのか?そこが問題だと思うのだが。
なぜそういうことを言うかといえば、昨年末にデータの選別などという事件が世界的に発覚しているからですね。

科学的に説明がつくものであれば 世界中の科学者が反目するわけがないと おいらは思うのです。
一般人に比べれば、科学者って人種は根拠がはっきりすれば信じるのはやぶさかでないはず。
胡散臭く感じるのは世界的指針になったデータが改ざんされたものであったからで、それについても明日香教授は自分がえているデータは正しいと言い切るわけで、懐疑的な意見は元々否定しているわけだが他人を受け付けない雰囲気などが2ちゃんねるをはじめとする掲示板マニアに通じる雰囲気があるからです。

おいらは基本的に懐疑派です。
これといって理由はありません。
しいて言えば、ダイオキシン騒動。
あれだけ騒いで、焼き鳥やの親父がみんなガンになっているか?といわれればそうでもない。
あれだけ恐れられたダイオキシン、いまではほとんど取り上げられない。

明日香教授が本当に正しいのであれば世界中の科学者を説得できるだろう。
説得できないのであれば、明日香教授の研究にも足りない要素があるということだろうと思う。

話しは少しずれてくるが、今日の放送でわかったことは 日本が温暖化の影響をもっとも受けにくい国の一つであろうということは否定されなかったということ。

過去100年での海面の上昇は日本では数センチということ。

小池議員がやっぱりエコ推進派であるということ。

勝谷氏の年齢。

最後にやっぱり鳩山政権の思慮不足。ここが一番問題ですなぁ。
なんでこんなに国益を考えない政権なんだろうと思う。

アメリカや中国が排出量の削減について否定的なのはエゴでもなんでもない。国益を優先しているからですよね。
日本って国はなんで自己犠牲とかそういう風に考えてしまうのかと思ってしまう。
まぁ実質は自己犠牲ではなく時の総理が名を残したいなどの功名心でしかないと思うのだが、そのつけを国民が被るということへの躊躇を感じないんだよなぁ。

前に書いたように思うが25%削減による国民一人当たりの負担額が数十万円だったように思うのだが、民主党はその数字を公にださない。
マスコミも出さない。

このことについて総理と政権の暴走だともっと訴えていったほうがいいと思うのだが。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
懐疑派
日本でも懐疑論がTVで取り上げられるようになったんですね。
IPCCのウソやNOAAのデータ捏造など、事実は事実として報道した上で国民的な議論を行うべきですから、いいことだと思います
2010/03/15(月) 03:40:15 | URL | nytola #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック