| Admin |
長崎県知事選挙の応援演説。。。
2010年02月22日 (月) | 編集 |
報道ステーションで見ました。

民主党候補の応援で民主党の偉い人たちの応援演説をしてるのを流してましたね。
選対委員長:知事が民主党の候補なら道路は作るが、そうでなければ長崎はそういう立ち位置だと判断せざるをえない。というような発言。
農水大臣:ミカン選別機の予算を確保する立場にあります、どうぞ民主党の候補をよろしく。
前原大臣:道路の建設現場を視察し、道路は作ります!と応援演説。

長崎県民の声:ここでも金かぁ・・・・。

地方主権をうたいながら政治の力(財布の紐は民主党が握っているぞ)をアピールする応援です。

この前にTVタックルで小沢氏が国民が政治にかかわるのは選挙だけ。
選挙が政治の全てというような発言をしておりました。
任期が終わるまではその通りなのかもしれませんが、あまりに国民を無視するかのような発言と行動。

いま民主党がやっていることは民主党が選挙に勝つための政治ばかりです。
幹事長室に陳情窓口を一本化したのも 箇所付けで民主党が弱い所や県連の要望のあったところは予算どおりどころか予算を増やすなど行い、ほかは削るだけ削る。などなど。

小沢氏は選挙だけ見ているので選挙の結果意外は国民の声なんてのは関係ないんですよね。
そして民主党の政策はそれを実行する。

折角、事業仕分けしても民主党の選挙のために復活させるんですよ。

どうにも民主党がやることはすべて民主党が選挙を有利に戦うための政治でしかないように思えます。
衆議院選挙はすっかり騙されました。。。。。。

おいらはこうやってネガキャンしてますが、選挙で民主党に投票した人間ですから^^;。
正直、ここまで嘘つき政権だとは思わなかったんです。。

反省してます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック