| Admin |
ちょっとだけオリンピックの話題で
2010年02月21日 (日) | 編集 |
オリンピックでいつも感じることですが、判定がアメリカびいきですよね。
アメリカだけじゃないかもしれませんが、欧米人に有利になっている場面が多いように感じてしまいます。

古くはショートトラックのオーノが勝った場面。
のちに訂正で韓国選手にも金メダルが渡ったとおもいますが、やはりアメリカびいきがあったように思います。

その後、いつだったかのハーフパイプの採点ですね。
これはわからない人も多いと思いますが、日本人の誰だかがいい形ですべってましたがアメリカの選手に負けてしまいました。

今回も4回転を飛んだプルシェンコが飛ばなかったアメリカの選手に負けてしまいました。

かつて上村愛子がオリンピックでいいすべりをしていたけれど里谷選手に及ばなかったことなども採点競技の妙といいますか、素人目に納得がいかない部分ですね。
モーグルの場合はタイム点が大きく試合を分ける部分が多く、エアーで多少アピールが足りなくても早ければ良いというように思えて仕方がありませんよね。
もっとも、映像で見る限り早くすべるということにも多くのリスクがあるようでそれはそれで評価はできるのですが、ちょっとスピード点が重くなりすぎているように思いますね。
大きなエアーにはもっと大きなポイントを与えるなどのことがないと無難に点が貰えるエアーから進歩がなくなってしまうように思います。

このことって先ほどの4回転にもつうずることだと思うんですが、無難に完璧にってのが大技をやった選手に勝るというのでは進歩が止まります。
大技をやるために犠牲にすることも出てくることでしょうから採点にはそういう部分をもっと加味する必要があると思います。

ちなみに個人的には体操競技などでも おいらはアメリカの得点がなぜか高くついているように思えてなりません。
ロシアや中国の選手の演技にくらべてしなやかさなどアメリカ選手の演技には感じられないんですよねぇ。
だけど、いまのアメリカの選手の得点は高くでます。
力強さなどおいらにはわからないポイントがあるのでしょうが、魅力的には見えないんですよねぇ。。。。

ちなみにろくに見てなかったんですが、ショーとトラックで中国の選手が失格になりましたが これも本当に失格になるようなことだったんでしょうかね?
これについては全く見てないんで 先入観で言えばやられたって感じですけどw。

とにかく採点競技についてはいつものことですが 不思議な結果がついてまわりますね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック