| Admin |
職場の禁煙化が来年法整備を目指してという記事をみた
2010年02月07日 (日) | 編集 |
もう好きにしてくれと思うのね。

どうぞ勝手に議論してくれと、禁煙になればそれについて考えるだけだわ。

飲食店などもその職場の対象になるそうだが、ファミリーレストランなどはありえるのかもしれないが、酒場はどうするつもりなんでしょうね?

過去に和民が完全禁煙の居酒屋をやって失敗したことがあるらしいことはわかっているんですが、ファミレスはやっているようですからね。

かつて横浜だったか神奈川だったかが禁煙について厳しい条件を検討していたように記憶しているが、完全禁煙のパチンコ屋、居酒屋などに規制されたらそういうところはどうなってしまうんでしょうねぇ。
飲み屋の場合、たしか仕事終わりにのんで地元に帰るということになって地元で酒をのまなくなるなどということになりかねない。
パチンコ屋は客が入らなくなるかもしれない。

そうなった場合、国や自治体は店に対して保証はしてくれるんだろうか?
国の政策によって不利益をこうむることになるかもしれないわけですよ。

新たに出来る店舗についてはそういうことを理解したうえでという話はなりたつが、すでに営業している店舗は国の方向性の為に不利益が起こりかねないわけです。
議論はどうぞご自由にだが、権利は守られるべきであると思うし 仕事には利益を追求することも必要なように思う。

パチンコ店で働く人間が受動喫煙の被害を訴えたとして 誰がそれを擁護できるんでしょうかねぇ?

飲み屋のアルバイトが受動喫煙で訴えることが普通になってしまうんでしょうかねぇ?

ちなみに職場という規制がこれにはあるのですが、大工さんなどの場合はどうするのでしょうかねぇ?
運送業などの場合、事務所は禁煙?で、与えられている車はどうなるのでしょう?

分煙までしかできないのではないのでしょうかねぇ。

ちなみに禁煙場所が増えるとなると駅が禁煙、職場が禁煙、飲食店が禁煙、喫煙所が全くないとなれば家のなかでしかタバコは吸えなくなるってことですわね。
こういう状況はマナー云々ではないとおもいますね。
喫煙者の権利そのものの侵害でしかありえません。

まぁ とりあえずお好きに議論してください。。。。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック