| Admin |
小沢氏の問題、内容が摩り替わってきてる?
2010年01月23日 (土) | 編集 |
小沢氏の講演組織 陸山会が政治資金規正法に違反していたことは確実の様子です。

ニュースを見ていると、きょうの小沢氏の事情聴取で民主党には小沢氏の容疑もこれで晴れるだろうという雰囲気になっている人がいるようです。

確かに現在小沢氏は関与の疑いがもたれております。

それとは別に陸山会が政治資金規正法違反を行ったことはほぼ間違いがなさそうです。

小沢氏の資産が多いのはまずいの判断で時期をずらして記載したのは間違いがなさそうで、別に5000万円のお金が企業からわたったというのも間違いなさそうです。

小沢氏が関与があった、なかったという問題は確かにありますが その前にすでに資金団体のほうは政治資金規正法違反があるということをどこかに置き忘れた議論になってきているように思えます。

自民党の加藤議員のときなども秘書がしたことで氏は離党されたと思いますが、小沢さんはどうするのでしょうね?
総理が自前の資金で問題になったこととは今回は訳が違うということも忘れないで頂きたいですね。
総理の方も本人は説明責任を果たし、国民の理解を得られたと勝手に吹聴しているようですが自分に甘すぎます。

小沢氏の関与は本来間違いないと思うのですが、証拠が揃うかどうかが一番の問題点で賢察が見つけられるかどうかにかかっていると思います。
そのためにすでに逮捕されている元秘書3人の話との整合性を確認するための聴取であろうと思われます。

当然押収した資料などとの整合性もみられるわけで、今回の聴取の後本格的に資料と突合せがが行われるでしょう。
そこで食い違いなりがでてくればそこから新たに捜査が広がる可能性もあることでしょう。

ただ、民主党議員は本人が知らなかったとなったとしても秘書が起訴されれば当然責任問題がでてくるでしょう。
そこであまい判断をすればそれこそ民主党が自分たとに甘いと立証するわけで 当然今後の改革にも繋がってくると国民は判断することでしょう。

くれぐれも小沢氏本人が例え罪にとわれなくても問題は終わるわけではないと言うことを忘れないで頂きたい。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック