| Admin |
小沢氏の頭の中
2009年12月26日 (土) | 編集 |
昼間TVでみたのですが、小沢氏の考えについて長くお付き合いのある渡辺黄門様が語っていたことで 小沢氏は選挙で有利になるように何事も政策にするようです。

こういえば自民党に対して有効になるなど 全てが政策のようです。
したがって陳情窓口の一元化などももちろんそうなのでしょう。

外国人参政権の問題なども賛成といえば自民党と公明党の関係に亀裂ができ公明党が民主党側によるなどの策略があって訴えていたようだといっておりましたね。

政権を取って次の選挙を有利に戦えることが1番の目的であって決して国民のことを考えてなどというものではないようです。
国会議員は選挙で勝たなければただの人ですので、選挙で強いってことで小沢氏を否定できずにいる民主党は結果として同じ穴の狢ってことになると思います。

国民に訴える理念は立派ですが、後が続かない現状は すでに民主党は国民を置いといて次の参議院選挙をいかに有利に戦うかってことに考えがいっているのでしょうね。

それにしても、民主党の議員さんたちは本当に国を考えて議員になったんだろうか?
選挙で勝たなければ何もできないなどと言われ、当初の思いを忘れてしまってないだろうか?
なぜ異論がでてこないんだろう。。。。
不思議でなりません。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック