| Admin |
改めて思うマニフェスト選挙の罪
2009年12月21日 (月) | 編集 |
小沢氏が言いたい放題になっております。

選挙で勝ったのだから国民の前面の後ろ盾を得たとばかりに好き勝手に言っております。

おいらは衆議院選挙の前にマニフェスト選挙などと こういう風に言うのは反対だったんですが(たぶん昔のブログでも書いてあると思いますが)危惧していた点がでているようですね。

色々な問題を掲げて選挙を戦い勝てばマニフェスト全てが支持を得たというのは思い違いでしょう。
ですが、今の民主党員はなぜかそう思っている人が多いようです。

本来なら1つ1つ議論されるべきところを選挙ですべて承認されたように思う議員がこんなに多いのであればマニフェストを掲げることがすでに大問題でこういう手法はダメだと言わざるをえません。

おいらは公務員改革、地方分権、特別会計の一般会計化の3点のみで民主党に投票しました。
ところがです、期待したことは遅々として進まず余計なことばかりしまっております。
追い討ちのように民主党議員の口からは選挙でかったということは我々の声が国民の意思だというような発言までされております。

後悔先に立たずと言いますが、後悔しまくりです。

選挙前には小沢氏は代表をやめ裏に回っていたのですが、政権党になってからというもの事業仕分けの人員に口を出し人数を大幅に減らしたり 大勢を引き連れて中国に行った挙句副主席の陛下への謁見をごり押し それだけでなく政府が国益と判断して要求したんだから問題ない、むしろ他の行事を減らせばいいことだというような発言まであったそうな。
更に、陳情窓口の一元化で政府と一戦を画すはずの民主党県連が窓口になり その上で好き勝手な要求を国民の声だからと政府に押し付ける形まで取りました。
民主党の議員においてはTVなどでその発言について擁護するかのような発言も多く、政治資金規正法の問題についてはもごもご言うだけ。
鳩山総理の問題も先送りの形にしている。
擁護する人たちも同罪です。

とにかくマニフェスト事態は悪くはないでしょう。少なくても。
しかし、選挙で勝った政党の議員がマニフェストを掲げて勝ったということについて今後もマニフェスト全てが是とされたと思うようではこのシステムは功罪語れば罪のほうばかりが目に付いてしまいます。
ハッキリ言って民主党議員の責任でマニフェスト選挙というものがダメなシステムになってしまったということでしょうね。
数の力をこれほど好き勝手に使っているのは自民党よりよっぽど悪いです。

絶対に参議院選挙では民主党に投票はしません。
(しかし、自民党にも投票できず・・どうしましょうかねぇ。白票か誰も指示できませんとでも書きますかね)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック