| Admin |
マスコミも馬鹿かと
2009年12月15日 (火) | 編集 |
国家副主席の陛下への謁見の件ですが、民主党閣僚が政治利用ではないと見解を示したというニュースが出ていました。
当たり前の反応でしょ。
違っていたならまた閣内不一致といわれるのがわかりきっている状況で聞けば そりゃあそう答えますよ。

95年に文書化されて2004年からは陛下の手術があって厳格に守られていた慣例を 民主党政権で根回しなく破って それをさもルールが悪いかのように言う。
これが鳩山政権のやり口なのかということです。

ヤンバダムの件にしてもマニフェストで書いていたから中止が大前提で話し合う。という杓子定規のやり方。
今回の件にしても自分達の都合を優先に物を考えるやり方で 陛下のことは考えていないやり方です。

政治利用かどうかは こういう自分達の考えが全て正しいという意見の持ち主が判断する問題ではないと思います。

それにしても民主党がやることって本当にスマートにできない政党ですねぇ。

理念みたいなものは正しい部分もありますが やり方が本当にスマートに出来ない。

宮内庁の長官の発言を不快に思っているような記事をよく見ますが、長官の発言のおかげで国民がこのことを知ったわけです。
都合の悪いことは国民に隠し通したいという姿勢がここからも伺えます。

どうにも 民主党が言っていることとやっていることに違和感を感じずにはおれません。

財源はあるといながらいまだに示されない財源。
官僚政治の悪を説きながら自分達の中の問題を断罪できない問題。
そしてガラス張りの政治を言いながら、今回のような問題を隠したがる姿勢が 過去の民主党の言ってきたこととやろうとしていることの違いを示しているように思えてなりません。

マスコミはもっとこういう問題について議論をするべきですよ。
それが出来ないから民主党政権の支持率が高いままなんです。
おいらは事業仕分けについても 本当であればもっと意義について議論するべきだったと思います。

それに 一番言わなければいけない国家戦力室がいつから機能するかについてマスコミはいち早く突っ込むべきなのではないでしょうか?
ちなみに こうやって閣僚の政治利用に当たらないという判断の記事も 昨日の小沢氏の発言を受けたものだろうけれど どこまで小沢氏を中心に政治をしていくのか とも思うし、 マスコミは小沢氏に対しもっと強い発言ができないのだろうかと思わずにいられない。。。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック