| Admin |
小沢民主党、はやくやめてくれ!
2009年12月14日 (月) | 編集 |
もはや、早く政権を降ろしたくてなりません。

指導力のない総理に加え、小沢氏はきょうもいままでの慣例について宮内庁を批判しているが ちょっと独断で行き過ぎでもはや許せない!というレベルまできた感じがします。

いくらほかの民主党員がいいことをしても 鳩山総理と小沢氏を要職に置き いまの調子で政治をするのであればいい方向に行きっこないと判断します。

両名とも、いまだに政治資金の問題でグレーなわけです。
小沢氏の秘書については壮健されていたと思いますし、総理にしても時間の問題で秘書は起訴されるでしょう。
過去の自分が秘書の責任は政治家の責任と公の前で言っていたこと 自分なら政治家を辞めるといっていたことを都合よく忘れられるのが政治家なら政治家などいらにでしょ。

小沢氏が前に出る民主党である以上 応援する価値はどこにもないですね。
民主党員が真っ先に否定しなければいけないのは小沢氏でしょう。

小沢氏を許し続ける(庇い続ける)のが民主党であるならば官僚の悪に立ち向かうといいながら結局何も出来ないということを実証していると思います。

そろそろ民主党の議員の方々もTVの討論では言葉につまり、言い訳ばかりすることをやめるべき時にきているのではないんですか?
正々堂々と言いたいことを主張できるようにするために 総理と小沢氏について正しい対処をするべきだと思います。

なんでもっとマスコミが政治利用だと問い詰めないのか 不思議でなりません。
解説で宮内庁の職員は官僚になり政治主導に反するというのが小沢氏が怒っている理由の一つで、もう一つが慣例であるかもしれないが宮内庁が勝手に作った慣例でそれに従う必要がどこにある ということがもう一つらしいが 慣例という言葉の意味をもう少し調べて欲しいということと 天皇陛下が政治利用されることは憲法に触れるということを政治家として勉強しなおして欲しい。
自分がやることは政治利用でないといったところで 判断するのは小沢氏ではないはずです。
そこのところも頭を冷やして考えろ!といいたいですね。

それにしても民主党はなんで ここまで小沢氏に好き放題させるのだろう?
おいらには理解できません。
小沢氏の影響で信頼性がどれほど失われているか 考えるべきでしょう。
選挙でかったのが小沢氏の戦略のおかげとおもっているのであれば 多分違います。
今回に限って言えば 自民党が自滅したといってもいいと思います。

参議院選挙まで引っ張るつもりでしたら 全くの逆効果にしかならないと思いますね。

すくなくてもおいらは 小沢氏が民主党の要職に居る限り絶対に民主党には票を入れることはないと思います。

さっさと政権を終わって欲しい・・・・。
理念は立派かもしれないが ただのお題目になっているとしか思えません。
実際に将来にわたって良い政治をしたいのであれば 優先順位がおかしいでしょ。
将来にわたっての構想が1番にきてそのためにどうして行くかが議論されるのが最初に来ていないと何をやりたいかが全くわからないしマニフェストも結果から言えばもうすでに嘘ついてるレベルになってきています。
財源はあるといっていたことが(未だに言っていますが根拠をまだ一度も示しておりません)すでに大嘘のレベルになりつつあります。

事業仕分けは理念は立派ですが、将来の展望が定まっておらず基準がハッキリしないまま仕分けをし(財務省の言いなりの形で)やり方としては1時間の審議が無駄に思えるほどで これなら発表だけでもおなじだったのでは?とさえ思っております。ただ、一般的にはこれが評価されているようで支持率が高いままになっているようですが こういっちゃなんですが公約からすればこんなのは当たり前でうまくやれなかったことにもっと責任を取って欲しいぐらいです。
肝心の国家戦略室が機能し始めたという言葉をまだ聞いたことがありません。
戦力室のメンバーはまだただ飯食ってるのでしょう?
こんな状態でやりたかったことが出来るとはおもえません。

早くやめてくれ~~~~~~!!!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック